後藤健二さんのこと

今回の「ワイングラスのむこう側」は、いつもと少し違うお話。連日報道を騒がせている中東情勢ですが、シリアで拘束された日本人の一人、後藤健二さんは、しばしば林伸次さんのお店・bar bossaにいらっしゃっていたそうです。そんな客とバーテンの関係だった林さんが、あの事件を目の当たりにして感じたことを書いていただきました。後藤さんを「あるジャーナリスト」ではなく、「一人の人間」として感じるために、ぜひお読みください。

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、シリアで亡くなられたジャーナリストの後藤健二さん、実はbar bossaの10年来の常連さんでした。

最初にご来店された時のことはもう覚えていませんが、仕事でNHKにいらっしゃることが多かったそうなので、一番最初はNHK関連の方が連れてきてくれたんだと思います。

bar bossaのことを気に入っていただけたのか、プライベートでもよくいらっしゃるようになり、一時期は週に1回くらいのペースで来店されていました。あの職業ならではの、芯がしっかりした雰囲気で、こちらの目をしっかり見て話す方で、でも物腰はとてもソフトで人懐っこい笑い方をする方でした。

また、後藤さんはとてもワインが好きな方でした。今日のグラスワインの特徴や品種を細かく質問されて、ブルゴーニュや南仏のワインをいつも好んで飲まれていました。一番最後に来店されたのは4ヶ月くらい前でしたでしょうか。ドミニク・ローランのパストゥグランが美味しいと誉めていただいたのを覚えています。

当然といえば当然なのですが、何度も親しく話をしたことのある人が、ああいう事件に巻き込まれると他人事ではなくなってしまうものです。以前は、こういう人質事件があっても、ただの傍観者としてニュースを観ていました。しかし今回の事件を知ってからは本当に当事者として、「何か僕にできることはないのか」と思い、しかし何もできずただひたすらテレビやネットなどから流れる情報を眺めていました。

僕の感じた気持ちが伝わるかどうかわからないのですが、毎日毎日、数分おきにテレビの画面やPCの画面に、親しく会話した経験のある人が人質として拘束された状態で出てくるのは相当つらいものがありました。また、何も知らず来店したお客様から、世間話的に後藤さんの話をされることもあり、どう答えていいのか困ることもありました。

今回、この話を書こうかどうか迷いました。もちろん私は後藤さんの家族ではないですし、友人というわけではありません。バーテンとお客様という関係で、私が偉そうになにか書くことに憚られる気持ちがあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__comfort__  身近に感じること、のきっかけがあの悲惨な事件なのがあまりにも残念でなりません。。。 4年弱前 replyretweetfavorite

sonettch 「先日、シリアで亡くなられたジャーナリストの後藤健二さん、実はbar bossaの10年来の常連さんでした。」 4年弱前 replyretweetfavorite

42cynthia42 あのひとは、テレビとか文章の向こうにいるだけじゃなくて、自分と同じようにお酒も飲むしご飯も食べることを考える。 4年弱前 replyretweetfavorite

May_Roma ぐっときた→「誰かの命や誰かの人生、誰かの生活や誰かの日常を大切に感じることができるのは、やっぱり『身近に感じること』というのが一番必要なんだと思います」 4年弱前 replyretweetfavorite