新訳 世界恋愛詩集

悲しい私の木綿の肌着」ロルカ

自分のことを「汚れてしまった」と思うことはありますか? スペイン内戦時、フランコ将軍率いる反乱軍により銃殺された悲劇の詩人ロルカ。彼の代表作とも言える「ジプシー歌集」に収められた「Romance de la pena negra」が菅原さんの手により超訳され、新しく生まれ変わりました
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


レモンジュース みたいな涙

なめてみてよ 大きな悲しみ

結んだ黒髪 ふたつのおさげ

床に垂らして 誰かとふたり

狂った女 みたいな私



夜明け求めて おんどりが

くちばしで地面 けずる時

暗い山から 私は降りる

誰かの影を 静かに抱いて



こんな時間に おまえは誰を

たずねていたと きかないで

さがしたいもの さがすだけ

ジプシーたちの 終わらない唄



オリーブオイル 背中こぼして

なめてみてよ 大きな悲しみ

からだも服も 白くはないと

知っているけど やさしくふれて

悲しい私の 木綿の肌着




「悲しい私の木綿の肌着」


フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(1898~1936)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 【さよなら日曜日に詩をひとつ】 からだも服も 白くはないと 知っているけど やさしくふれて 悲しい私の木綿の肌着/ロルカ https://t.co/hMZSJw1bQ0 菅原敏/久保田沙耶| 6年弱前 replyretweetfavorite

ayachicco 菅原くんのロルカきちゃったよ!!うわお! 6年弱前 replyretweetfavorite

kaorun6 からだも服も 白くはないと/知っているけど やさしくふれて/今回の詩ぞくっとくる| 6年弱前 replyretweetfavorite

sayakubota 【夜明け求めて更新】 『悲しい私の木綿の肌着』ロルカ https://t.co/HpZ5OKcdBH 菅原敏/久保田沙耶| 6年弱前 replyretweetfavorite