これからの「ピケティ」の話をしよう

著書『21世紀の資本』が世界規模で話題になっているフランスの経済学者、トマ・ピケティ。日本でも大ヒットし、国会質疑でもその発言が引き合いに出されるなど、ちょっとしたピケティブームが起きています。とはいえその著書は少し難解な経済書。内容を理解せずともこのブームに乗れるように、武田砂鉄さんちょっと違う切り口のピケティ論を参考にしてはいかがでしょうか?

サンデルとピケティのあいだにはカバディがある

「ピケティ、ピケティ、ピケティ……」と連呼しながら、攻撃側の1人が守備側のコートに入り、守備側の誰かにタッチして自分のコートに戻ってくることでポイントを得るインドの国技。1990年からはアジア競技大会の正式種目となっている鬼ごっこのようなこのスポーツは、ピケティではなくてカバディだった。「カバディ ピケティ」でツイート検索すると、「ピケティってカバディみたいwww」というつぶやきが散見される。このつぶやきは、巻き起こるピケティブームの性質を見通す上では外せない。

ピケティ、という響きの良さ。先ごろ来日してから、ますます話題になっている経済学者のトマ・ピケティが、もしもトマ・ゴンザレスという名前だったら日本でここまで流行らなかったかもしれない。マイケル・サンデルだって、もしもマイケル・クリステンセンという名前だったら、これからの正義の話はあんなにできなかったかもしれない。ピケティ、サンデルという端的な名前、そして効果的な濁音・半濁音のアクセント。冷静と情熱のあいだには結局何があるのか分からなかったけれど、サンデルとピケティのあいだにはカバディがある。つまり、連呼したくなる「日本語」として、これらは連関している。

このブームは「あやかろう」という言葉に集約されている

日本で13万部を突破したトマ・ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)、その隣には「60分でわかる」という解説書と、「20分でわかる」という経済誌の特集が並んでいる。そのうち、5分でわかったり、マンガでわかったり、公開霊言で下ろされたりするのだろうが、分厚い本が必死にほぐされていく様子を眺めていたら、新聞記事(朝日2/3)に「ピケティ氏にあやかろうとしているのは、アベノミクス批判を展開する民主党だ」との文言を発見。この「あやかろう」という言葉に今回のブームが集約されている。あやかった民主党に対して、安倍首相も「ピケティ氏も経済成長を否定していない。しっかり成長して果実がどのように分配されるかが大切」とあやかり返してみせた。

読破した役員(60代)に感化された部長クラス(50代)が買う本
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okbc99 “サンデルとピケティのあいだにはカバディがある。つまり、連呼したくなる「日本語」として、これらは連関している。” 4年以上前 replyretweetfavorite

kabothomas 「読破した役員(60代)に感化された部長クラス(50代)が買う本」ww 確かにありそうだな。→ 4年以上前 replyretweetfavorite

YGobaru 武田砂鉄のピケティ論がさすが! # 4年以上前 replyretweetfavorite

restart20141201 レイザーラモンRGは数式「r>g」に反応するのだろうか"" 4年以上前 replyretweetfavorite