柔らかい色彩に吸い込まれそう—ジュール・パスキン展

現在、東京のパナソニック汐留ミュージアムでは、淡い色彩と、滑らかで繊細な輪郭線に特徴を持つ、ジュール・パスキンの回顧展が行われております。ピカソ、シャガールと並び、若くして才能を認められたパスキン。彼が描く女性や子供の作品は、輝きを放ちながらもどこか物憂げで寂しそう。16年ぶりに日本で開催される「パスキン展」。この貴重な機会をお見逃しなく!

どこまでも眼に優しく、それでいて、どこか拭い去りようのない哀愁を帯びてしまった淡い色彩。四方に伸びる描線も、細くたなびくようで色合いとぴったり。一枚ずつの絵がどうこうというよりも、まずは部屋に掛かった幾枚もの作品全体が醸し出す柔らかな空気に打たれます。

どれも、ブルガリア生まれのジュール・パスキンの絵画です。東京・汐留のパナソニック汐留ミュージアムで開かれている、「パスキン展」に来ております。

パスキンは、エコール・ド・パリと呼ばれる一群の画家たちの、代表的存在と目されます。エコール・ド・パリとは1920年代、芸術の中心地だったパリに集い創作活動をした、おもに異国からやって来た画家たちのことを指します。そのなかには日本人画家、藤田嗣治もいて、高い人気を誇っていました。

その中心人物ではあるものの、パスキンの作品が日本でまとめて観られる機会というのは、なかなかありません。今回はたいへん貴重な場といえましょうね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

turn_me_on5656 3月29日まで。 http://t.co/maONP6vTR7 http://t.co/jlfVa1Hip1 4年以上前 replyretweetfavorite