0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

専門家の予想の「的中率」はチンパンジー並み

株式投資の専門家が立てた予測、その的中率はおよそ47%。チンパンジーでも同じくらいの確率を出せると言います。なぜ、専門家の予測が外れるのでしょうか。その問題に対する経済学者ポール・クルーグマンの答えとは?
『ヤバい経済学』で世間をあっといわせたシカゴ大の鬼才教授の「どんな問題にも一発で本質に切り込める」思考法を紹介した一冊、『0ベース思考』(ダイヤモンド社)よりお届けします。

専門家の予想の「的中率」はチンパンジー並み

 最近ではいろいろな専門家の予測を体系的に追跡する研究者が現れ始めた。なかでもおもしろいのが、ペンシルベニア大学の心理学教授フィリップ・テトロックが行った研究だ。彼は政治に焦点を絞り、官僚や研究者、国家安全保障の専門家、エコノミストなどの300人近い専門家をリストアップして、彼らが立てた数千の予測を20年にわたって追跡した。

 たとえば民主主義国X、仮にブラジルでは、いまの与党は次の選挙後に勢力を維持するのか、失うのか、それとも拡大するのか? 非民主主義国Y、たとえばシリアでは、これからの5年間で政治体制の基本的な性格は変わるのか? 10年間なら? 変わるとしたらどの方向に?

 テトロックの研究結果は、なかなかに考えさせられるものだった。こういった選り抜きの専門家たちでさえ—96%が大学院で教育を受けていた—「自分たちが知っている以上のことを知っていると思い込んでいた」と彼は指摘している。予測の的中率はどうだったか。テトロックが茶化して言うように、「チンパンジーが投げるダーツ」の確率と大差なかったという。

「ああ、ダーツを投げるサルのたとえは、いまでも何かと話題にされるね」と彼は言う。「バークレー校の学部生に立てさせた予測なんかと比べると、専門家のほうが幾分ましだった。でも外挿アルゴリズムより成績がよかったかと言われれば、そんなことはない」

 テトロックの「外挿アルゴリズム」っていうのは、要するに「現状に変化なし」と予測するようプログラミングされたコンピュータのことだ。そしてよく考えてみると、これはコンピュータなりの「アイ・ドント・ノー」の言い方なのだ。

 CXOアドバイザリー・グループという企業が同様の研究で、株式投資の専門家が数年間に立てた6000を超える予測を調べてみた。結果、全体的な的中率は47・4%だった。やはりダーツを投げるチンパンジーでも、同じくらいの成績を出せただろう。しかもべらぼうな投資顧問料に比べたら、ほんのちょっとのコストで。

 テトロックは、予測がとくに外れがちな人はどういう人かを聞かれると、ズバリひと言で答えた。「独断的」、つまり何かが本当かどうかを知らないのに、何が何でも本当だと思い込むような人だ。

 名の知れた識者を追跡したテトロックなどの研究によれば、識者らは予測が大外れに終わったときでさえ、「圧倒的に自信過剰」(テトロックの言葉)なことが多かったという。 まちがったくせに高飛車とくれば、もう救いようがない。将来のことは意外にわからないものだとすなおに認めればいいのに。

ノーベル賞学者が出した「シンプルな答え」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

スティーヴン・レヴィット /スティーヴン・ダブナー /櫻井祐子

「ワールドカップのPKはどの方向に蹴ると入りやすい?」、「彼女とは別れた方がいい?」、「公共政策は何をすべき?」日常のお悩みも、世界を変えるかもしれない大問題も、合理的に考えれば「こっちが正解」なのに、なぜわたしたちは「正解じゃない方...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

QLyCT2TtJJwUkCZ 個人ならわざわざ非定常な時系列データを分析しようとしなくてもいいんじゃないか?🙄 https://t.co/bYsfGOtnEQ 9ヶ月前 replyretweetfavorite

prisonerofroad #Levitt #economics 5年以上前 replyretweetfavorite

Atack20 モーサテの株価予想と為替予想を見ていると痛感します。 5年以上前 replyretweetfavorite