男女の性のすれ違い

今回の林伸次さんのコラムは、久しぶりに「性」にまつわるお話です。男と女の性に対する感覚は、似て非なるもの、どうしてもすれ違いを招いてしまいがちです。実は男性はなにを考えているのか、実は女性はどう思っているのか。なかなか面と向かっては聞きづらい本音を知ることができれば、性生活がグッと楽しくなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

男が興奮するのはどんなシチュエーションか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある女性のお客様からこんなことを言われました。

「男性って、最初の頃はセックスをすごくしたがるのに、長い関係になってくると回数が減ったり、なくなったりするじゃないですか。あれ、どうしてなんですか?」

ええと、男性のみなさま、いかがでしょう? 答えを出せる方はいらっしゃいますでしょうか?

ちなみに巷でよく言われる、男性のセックス観の法則」みたいなものとして、こういうのがありますよね。

1. 一緒に住んでると緊張感がなくなってその気がなくなる。たぶんセックスってある種の緊張感が必要です。

2. 女性が「やる気」になっているのを感じ取ると、男性のやる気がうせる。申し訳ないけど、そういう人多いんですよね。

3. 1回セックスしたあと、その後の2回目、3回目をなかなかさせてくれないと、すごくやる気になる。逆に2回目以降が「簡単」になってしまうと、なんだかつまんなくなる。

4. すごく慣れきった関係でも、違う場所(海外とか外とか)や違うシチュエーションだと、やたらやる気になる。

5. 仕事がうまくいってるとすごくやる気になる。逆に仕事がうまくいってないと、全然やる気になれない。

と、まあこんな感じでしょうか。「ちょっと違う」と思う男性の方もいるかとは思いますが、まあ大まかなには合っていると思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3rd_hole 男は褒めれば伸びる 4年弱前 replyretweetfavorite

yujirotakemoto 「セックス、何かとすれ違って悲しいですよね」ってなんなんだこいつは笑 4年弱前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 概ねこんなかんじだわなあ 4年弱前 replyretweetfavorite

Quishin パンツ一枚で走り出す件に脱帽です。。 4年弱前 replyretweetfavorite