第5回】グーグルマップで行く! 世界一周旅行

グーグルマップはビジネスマンのための実用ツールであると同時に、ストリートビュー機能を利用すればわくわくするような楽しい体験ができる。世界中の街並みをデジタルアーカイブとして記録しようというストリートビューは、年々その撮影エリアを広げている。かつて、紙の地図や時刻表を眺めて旅気分を味わった読者も多いはずだ。いまやパソコンの前にいながら、世界旅行を疑似体験できるのだ。いざ、世界一周の旅に出発!

まずは日本人の心のふるさと京都から! 清水寺や東寺、龍安寺など多くの寺社を歩くようにスクロールしてみよう。
日本人にも人気のリゾート。ホノルルの海岸沿いを移動すれば、気分はもう南国。

ビジネス、金融、文化、ファッション、食など、世界最先端の街の空気を吸ってみよう。

550万平方キロメートルにも及ぶ世界最大の熱帯雨林。木々が生い茂る風景を船に乗っているかのように見ることができる。

なんとグーグルのカメラは南極点にまで行っている。一般人ではめったに行くことができない極限の地を楽しもう。

南アフリカ共和国に三つある首都の一つ。アフリカ大陸最南端の喜望峰も約50㎞先に位置している。

ローマを代表する観光地。円形の闘技場では1900年も前から、見せ物のため戦士たちが戦っていた。

パリのシンボル。パリ市内は多くのスポットがストリートビューに対応している。芸術の香りを感じよう。

ロシアの首都、モスクワ。その中心部にある赤の広場。冷戦の象徴も今では世界中からの観光客でにぎわう。

路地に広がる屋台や、小型タクシーが走る街並みはタイならでは。画面越しに熱気が漂ってきそうだ。

台北にある超高層ビル。2004年当時、101階建てで世界一の高さのビルとして完成。施工は日本の熊谷組。

【Column】
こんなとこにもストリートビュー

 ストリートビューは道路から建物を見上げる風景ばかりと思うなかれ、例えばマップ上で米航空宇宙局(NASA)近くに行けば、ひょいと建物の中に入れて、いきなり内部の観光ツアーができてしまう(1)。そんな意外な名所を探すのも楽しい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
カネを生む地図 10兆円市場の全貌【2】~グーグルマップのすべて

週刊ダイヤモンド

現実の風景すらデジタル化して、地図の上に整理する。グーグルが理想とする世界は、今、地図上で起きていることを見ればイメージしやすい。グーグルマップはどこまで進化するのか。※この連載は、2012年11月17日号に掲載された特集を再編集した...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません