海外での生活を劇的に変えてくれる日本のアレ

日本に滞在するときは毎回、多くの日本製品を買ってパリに帰るという中村綾花さん。今回の滞在では、炊飯器にたこ焼き器と、日本食を楽しむための調理家電もお買い上げしていったそうです。しかし日本製品の中にはいくら品質が良くても、ある理由からパリでは使い物にならないものがあるそうで……。

この冬のパリの「流行」は……

日本からパリに戻ってきて、時差ぼけのままパリを歩いてみました。近所の新聞屋では、テロで襲撃された新聞『シャルリー・エブド』の最新号の「発売が遅れている」という表示が張り出されていました。

これまで、誰もが買うような新聞ではなかったのに、今回の事件のせいでパリジャンたちが寄ってたかって買うので、品切れを起こしているようなのです。

普段パリでは、社会現象になるほど何かが「流行する」ことはほとんどありません。それだけ今回の事件がパリジャンに大きな影響を与えていることが分かります。過去の新聞にはプレミアがつき始めているほどだとか。

私としては、日本の「妖怪ウォッチ」や、テニスの誰それ選手じゃあるまいに、パリジャンたちが日本人のように、何か一つの流行に染まることが、パリジャンらしくない、とても妙な感じです。

その一方で、意外にも街中で見られたのは「je suis Charlie」ではなく「Sold」(セール)の表示です。週末寄ったインテリアショップや、 パリ一安い薬局さんは激混みしていました。


セールに必死になるパリジャンらを見ていると、いつも通りのパリに戻ってしまったようで、ちょっとほっとしたのでした。

日本からアレを持ち帰った!

さて、日本で贅沢三昧だった私の旅も終わり、いつも通りの質素なパリの日常生活にカムバック。

お茶漬けでしみじみ……。なんて質素な晩ご飯でしょう。

ただ、ですね。今回のパリで食べるお茶漬けはこれまでと違って、特別なんです。

というのも、パリ生活4年目にして渇望していた日本製炊飯器を持ち帰ったからなのです!


輝かしい炊飯器(海外電圧仕様)!

日本製の炊飯器で炊くご飯がホクホクで美味しいこと!  お茶漬けでも、贅沢な気分でいただけます。

さらに、これまた長年の夢だった「たこ焼き機」も新入りしました!(ただし、重量オーバーしそうだったので一番小さなものしか買えませんでした涙)

こちらは日本仕様なので、海外で使う際には変圧器が必要になるんですね。もちろん、私はこの日の為に、何ヶ月も前から変圧器を準備して待っていました。

今回、日本で色々な買い物に走ったのは私だけではありませんでした。実は旦那さんも日本に来ていたので、円安&免税の恩恵を受けて携帯などを新調しました。電話をろくにかけられなかったほどボロボロのiPhone3(参照記事)をようやく卒業されました。

パリに持って帰って後悔したもの……
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayakahan メルシーボクー“@RiiiL111: この方のコラム、本当に好き♡Parisいきたーい ” 5年弱前 replyretweetfavorite

RiiiL111 この方のコラム、本当に好き♡Parisいきたーい 5年弱前 replyretweetfavorite