第4回】世界中の建機の稼働状況を地図上で把握する日立建機

日立建機の松田富士夫IT推進本部業務改革推進部長に話を聞いた。同社は、世界中にあるショベルカーやクレーンなどの自社製建設機械に、機械情報を収集するセンサーとGPS通信機器を装着し、リアルタイムでデータを吸い上げて、地図上で一元的に状況を把握する「グローバルeサービス」というシステムを運用している。

 「当初は独自に地図データを買っていた。でも、世界中の地図を一気に手に入れることは無理だった。地域ごとに縮尺も違うし、年代もバラバラ。地域によっては20~30年前の古い地図しかないこともあった」

 日立建機の松田富士夫IT推進本部業務改革推進部長は、そう振り返る。同社は、世界中にあるショベルカーやクレーンなどの自社製建設機械に、機械情報を収集するセンサーとGPS通信機器を装着し、リアルタイムでデータを吸い上げて、地図上で一元的に状況を把握する「グローバルeサービス」というシステムを運用している。

 製品情報自体は120万台分が登録されているが、古い機械も含まれているため、センサーや通信機器によって位置情報まで管理されているのはおよそ2割。現在、社員だけでなく代理店にも公開し、100カ国で6万4000人が利用している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
カネを生む地図 10兆円市場の全貌【2】~グーグルマップのすべて

週刊ダイヤモンド

現実の風景すらデジタル化して、地図の上に整理する。グーグルが理想とする世界は、今、地図上で起きていることを見ればイメージしやすい。グーグルマップはどこまで進化するのか。※この連載は、2012年11月17日号に掲載された特集を再編集した...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません