イチローのインタビューにイラついてはいけない

米メジャーリーグ・マイアミマーリンズへの入団が決まったイチロー。通算3000本安打の大記録への期待も高まっていますが、そんなマスコミの声をよそに、記者会見で飛び出したのが”イチロー節”。独特の発言をすることで知られるイチローですが、我々はそれをどのように受け取るべきなのか。武田砂鉄さんが分析します。

「恵玲奈~、悠真~、パパ、シュート決めたよ~」

サヨナラホームランを打った日のヒーローインタビュー、アナウンサーの問いかけに対して食い気味に「恵玲奈~、悠真~、パパやったよ~」と妻子に報告する野球選手。まるで今日でシーズンが終わったかのようなはしゃぎっぷりだ。一方、「素晴らしいゴールでしたね」と興奮気味に問いかけるアナウンサーに、一切破顔せずに「まぁ、次がありますから。修正すべきところは修正して、次に臨むだけです」と淡々と答えるサッカー選手。近頃のサッカー選手から「恵玲奈~、悠真~、パパ、シュート決めたよ~」方向のインタビューを聞いたことがない。毎度、淡々としている。特に(おそらく長谷部誠が醸成したのだろうが)サッカー日本代表の答弁は、誰が出てきても淡々としている。

「これは質問ではなく、お願いですね」

イチローがマーリンズの入団会見後の質疑応答でファンへのメッセージを求められ、「これからも応援よろしくお願いします……とは僕は絶対に言いません。応援していただけるような選手であるために、自分がやらなくてはならないことを続けていく、ということをお約束して、それをメッセージとさせていただいてもよろしいでしょうか」と、回りくどく答えた。これを、いくつかのメディアは〝イチロー節〟と報じた。むしろ、その前に「ファンの皆さんにメッセージを」と投げた記者に「これは質問ではなく、お願いですね」と冷たく断じたことこそ〝イチロー節〟だろう。このように、質問者からのお約束に素直に答えないのは彼の得意技で、2001年、マリナーズ入団の際にも「期待しています!」の声に、「期待はいくらかけてもらっても構わないんですけど、僕は僕以上の力は出せない」と答えている。イチローは勢い任せのシンプルな問いをとことん警戒するのだ。

外部装置化するパーティーピーポー
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

the_kawagucci 今週もすばらしうございました。 4年以上前 replyretweetfavorite

cigagel ぶっこわしてるひとも、想定通りの人も、あさってのひとも(※糸井など)、いずれも活躍してくれれば好ましいです。 4年以上前 replyretweetfavorite

chipmotoyama サッカー日本代表パーティピーポー不足w 4年以上前 replyretweetfavorite