平井和正『狼の紋章』とその時代

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 去る1月17日、SF作家の平井和正氏が76歳で世を去った。


 簡単に経歴を紹介すると、平井和正は、1938年、神奈川県横須賀市生まれ。中央大学法学部在学中の61年、SFマガジン編集部が主催する第1回空想科学小説コンテスト(ハヤカワ・SFコンテストの前身)に応募した「殺人地帯」で奨励賞を受賞。翌年、SF同人誌〈宇宙塵〉掲載の「レオノーラ」がSFマガジンに転載され、商業誌デビューを飾る。63年、少年マガジン連載の漫画『8マン』(桑田次郎作画)の原作を担当、TVアニメ版の脚本にも参加。68年、第1長篇『メガロポリスの虎』、第2長篇『アンドロイドお雪』を刊行。

 71年、人狼・犬神明を主役とするSFハードボイルド《アダルト・ウルフガイ》シリーズからスピンオフした《ウルフガイ》シリーズの第1作『狼の紋章』を文庫オリジナルで発表。中高生の絶大な支持を集め、爆発的ベストセラーとなる。

 79年、小説版《幻魔大戦》シリーズを開始。83年には劇場アニメ化も実現し、シリーズ総計で2000万部を超えるヒット作に成長する……。


 僕は1961年生まれなので、人生でほぼ最初に見た(記憶のある)TVアニメが「エイトマン」(1963年~64年放送)だったという世代。小学校6年のとき初めて買ったSFマガジン(1972年8月号)には、平井和正原作、石森章太郎作画の『新幻魔大戦』が連載されていた。

 中学校に入ると、そこから遡って『メガロポリスの虎』『アンドロイドお雪』『サイボーグ・ブルース』を読み、『エスパーお蘭』『悪夢のかたち』『悪徳学園』『虎は暗闇より』と短篇集を漁ることになるが、その話はまたいつか書くことにして、ここでは、作家・平井和正とのファースト・コンタクトに話を絞りたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

anman_chan ウルフガイや幻魔大戦が累計2000万部って、よく考えたらすごいな。 3年以上前 replyretweetfavorite

miteguy 2000万部超えというとてつもない部数を売り、忘れられた作家。 3年以上前 replyretweetfavorite

shiozaway 〈SFマガジン cakes版〉第3号の記事を無料配信中。「大森望の新SF観光局・cakes出張版」は、先日亡くなられた 3年以上前 replyretweetfavorite

ma2 そういえば先日「ウルフガイ追悼飲み会」を決行しました。 「」 https://t.co/mfmLMOgi8Q 3年以上前 replyretweetfavorite