デビュー20年! 蜷川実花の進化に魅せられる—「蜷川実花:Self-image」

華やかな色彩を武器とし、写真・映画・PVなどの分野で活躍している蜷川実花さん。東京品川、原美術館で開催中の個展「蜷川実花:Self-image」には、デビュー20周年をむかえる彼女の作品が所狭しと並んでいます。今でこそ「色」で知られる蜷川さんですが、実はデビュー当時はモノクロ作品を多く発表していました。時を経たことで彼女の作品はどう進化し、そして何を核として残しているのでしょうか?

どんなジャンルでも同じでしょうけれど、ものごとの質を維持するのに大切なのは、まずは持ち味をいつだって100%発揮できるよう心がけること。くわえて、そこに常時、新しい要素を注ぎ込んでいかなければならないのだとおもいます。守りながら、変わっていく。それができなければ、現状維持もままならなくなってしまいますね。

そんなことを、実地に感じさせる展示が始まっています。東京品川、原美術館での「蜷川実花:Self-image」。蜷川実花の写真といえば、まずはだれしも、極彩色にあふれた華やかな画面を想像しますよね。今展でも、彼女の「色」は期待通り存分に発揮されており、たっぷり楽しむことができます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません