いさましいちびのイラストレーター火星へ行く―水玉さんのこと―〔後篇〕

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 コレがよくてアレはダメという美意識(というかセンス)に関しても、水玉さんはまったく揺るぎがなく、同時に、自分の仕事や自分の立ち位置に関する評価もおそろしく厳しかった。

 実兄の岡部いさくさんは、訃報を受けて、ツイッター上で以下のように書いている。

 ずいぶん前だけど妹が、自分の仕事は画集や単行本として残らなくていい、消えてなくなるものだ、と言ってた。ご大層なものにならない、祀り上げられるようなものにならない、という自分と仕事に対する矜持は、私なんかよりもっと強かった。妹は私にとって航法参照点でもあったんだよ。

 自分が偉くなったり、自意識を満足させるより、「ぎゃはは、こりゃおかしい」「こりゃ面白い」と人様が、自分が感じる瞬間だけのために絵を描く、っていうのを妹は目指してたんだろうな。そのために妹はいつも”橋を焼いて”描いてたんだろうと思う。我が妹ながら恐ろしい奴だったよ。

 だからいつも「水玉のように面白く描けてるか?」「水玉のように逃げ場なしで描いてるか?」というのが気になってる。絵は妹の方が断然上手いしね。いや、上手かったしね。

 結局、水玉さんの連載をまとめた本は、ごく初期の『こんなもんいかがっすかあ(上・下)』(およびその新装版)と、〈Theスーパーファミコン〉の小野不由美さんの連載コラムに毎回イラストをつけていた『ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか』ぐらいしか出ていない。

 SFマガジンの連載を単行本化しましょうという申し入れは、僕が知る範囲でも、「SFまで10000光年」のころから何度もあったはずだが、水玉さんはなかなか首を縦に振らず、企画はついに実現しなかった。

 もっとも、吉田さんによると、家庭内では、「これを単行本にするとしたらどうすればいいと思う?」と編集者だった夫の人に相談したりしていたそうなので、まとめたい気持ちは密かにあったらしい。持病のメニエール病でたいへんなときも、この連載だけは落としたくないとがんばっていたとか、水玉さんにとってもとりわけ大事な仕事だったのはまちがいない。単行本化に気が進まないふうだったのは、水玉さんの韜晦か、てれだったのか。もし「SFまで~」が本になっていたら、もっと多くの人に読まれ、評価されていただろうにと思うと、返す返すも残念でならない。

 いまからでも遅くはないので、ぜひ、「SFまで10000光年」と「SFまで100000光年」の単行本化を実現してください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yukto8492 @choco_lla @teshio7 正確には「キャラクター原案」でっす。色々と見かけたんだけど、まとまった作品集って「こんなもんいかがっすかぁ」くらいしか持ってないんだ…https://t.co/19YaYLSMD4 本当に惜しい方が亡くなったものです。 約3年前 replyretweetfavorite

ayuasano この「カルディエ」は買いました。今もあるかな? 5年弱前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 5年弱前 replyretweetfavorite

osawaminami 水玉氏の厳しい指導。お仕事まとめていただきたいです。 5年弱前 replyretweetfavorite