100年経ってもなくならない仕事

今回の林伸次さんのコラムは「仕事」にまつわるお話。これからどんな仕事をすればいいのか考える大学生、今の仕事でいいのか迷う社会人と、仕事の問題に悩む人は少なくありません。そんな人たちに、林さんがオススメするのはどんな仕事でしょうか。

だれにでもある「仕事」に対する不安

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

20年くらい前のこと。僕は下北沢のフェアグランドというバーでバーテンダー修行をしていたのですが、その頃、そのバーの系列店の居酒屋なかむらで1ヶ月ほど働く機会がありました。

その時、オーナーの中村悌二さんが「おまえ、このチャンスに魚のおろし方、覚えておく? 魚をおろすのって一回覚えたらすごく簡単なんだけど、意外とみんなできないから重宝されるよ」と言ってくれたことがありました。

結局、その時は魚のおろし方は覚えなかったのですが、「やっておけば良かったなあ」って今でも思います。「魚がおろせる」って飲食業の象徴のような気がするからです。

ところで、そろそろ卒業のシーズンですね。このとおりの不況ですから、なかなか好きな仕事の企業に採用されず、いまだに就職の決まっていない人もいらっしゃると思います。また、もし就職が決まっていても、その仕事で本当にいいのか悩んでいる人もいらっしゃるかもしれません。もしくは、これから始まる就職活動をどうすればいいのか悩んでいる学生さんもきっといらっしゃると思います。

すでに働いている方でも、正社員になれるかとかブラック企業の問題とか。斜陽産業で働いていていいのかとか、お金のためだけに自分の時間を潰していいのかという疑問や悩み。おまけにITや様々な技術の進歩で、20年後には現存する企業の多くが衰退、消滅しているなんてニュースも最近は目にします。よっぽどの突出した能力がなければ、今はほとんどの方が「仕事」について不安や悩みを持っているのではないのでしょうか。

そういう方に、僕は「飲食業」を自信を持ってオススメします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dongchuang いいお話でした。 約4年前 replyretweetfavorite

zen_eno |ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) くすぐられるなー、もう(笑) https://t.co/gF90cbKLTF 約4年前 replyretweetfavorite

ca7co7co 飲食店で働くのがすきなのはこういうことなのかもしれない…! 約4年前 replyretweetfavorite