いさましいちびのイラストレーター火星へ行く―水玉さんのこと―〔前篇〕

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

「12月13日、妻・螢之丞が入院先の病院で永眠いたしました」


 ツイッターの水玉さんのアカウント(@miztama1016)から、夫の吉田享さんが上記の訃報をツイートしたのは、昨年12月15日の夜だった。このツイートは15000回以上もリツイートされ、ネット上には同業者や読者からの水玉さんの死を悼む声があふれた。わりあい距離が近かったこともあり、水玉螢之丞という希代のイラストレーターがSF界の外でどういう存在なのか、あまりぴんと来ていなかったのだけれど、亡くなってから、その影響力の大きさにあらためて驚かされた。

 水玉さんとはじめてお目にかかったのは、1992年5月3日のSFセミナー合宿。当時、アスキーの月刊誌〈EYE-COM〉に水玉さんが連載していたイラストコラム「こんなもんいかがっすかぁ?」を愛読していて、この人はきっと重度のSFマニアに違いないとにらみ(知人を通じて確認したような気もするけど、よく覚えてない)、一面識もないのにいきなり電話して、「SF好きですよね、SFセミナーっていうイベントがあるんですけど、遊びにきませんか?」と誘ったのが最初だったと思う。見ず知らずの人を相手に、そんな大胆な行動に出たのはあとにも先にもこのときだけですね。

 呼ばれるがまま、本郷のふたき旅館に訪ねてきた水玉さんと、その夜はじめて出会い、予想をはるかに上回る(やや屈折した)SFマニアぶりに感動してますますファンになり、そこから20年余にわたる長いつきあいが始まった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

muridana_subs http://t.co/nuFPDz4x42 |大森望の新SF観光局・cakes出張版|大森望|cakes(ケイクス) | 9 users 5年弱前 replyretweetfavorite

Babar_Japan 2件のコメント http://t.co/cWkwrZed6M 5年弱前 replyretweetfavorite

Babar_Japan 2件のコメント http://t.co/cWkwrZed6M 5年弱前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 5年弱前 replyretweetfavorite