高橋ジョージのリーゼント・ハラスメント

ロックバンド「THE 虎舞竜」のボーカルとして人気を博し、1998年には24歳年下の三船美佳と結婚。そして現在は、三船美佳との離婚騒動で世を席巻している高橋ジョージ。ロックを貫きすぎて、いつしかロックを免罪符として使うようになってしまった髙橋ジョージの歪んだ生き様に、武田砂鉄さんが切り込みます。

別の男と結婚してもいいぜ。でも、俺の遺伝子は残せ。

『噂の東京マガジン!』を観ていたら、鬼怒川温泉のある廃墟ホテルが解体されないまま取り残されている問題を取りあげていた。VTRが終わり、スタジオに戻ると、建築と法律に詳しい女性学者の意見をフリップにまとめたものを清水國明が読み始めたのだが、彼はその女性学者を「○○ちゃんによりますと……」と紹介、周囲のおじさん共は「いやいや、ちゃん、じゃないでしょうよぉ~」と楽しそうに茶々を入れた。廃墟ホテルよりもこのおじさん共の解体を急かしたい気持ちでいっぱいになった。

もう2、3年前のことになるが、日曜朝のトーク番組『ボクらの時代』に、年の離れた妻を持つ3人、加藤茶、ラサール石井、高橋ジョージが登場した。彼らは、若い奥さんと恋に落ちて、中学生に戻ったようだと口を揃えながら、こんなことを言った。「オレが先に死ぬからその時は必ず再婚しろと言っている」「うんうん」「でも、自分の遺伝子は遺したいから子どもは欲しい」「うんうん」。傍若無人という言葉がこれだけ似合う会話も珍しい(ので、メモ書きして残してあった)。別の男と結婚してもいいけど、俺の遺伝子は残せ、というのである。

「夫婦というより、僕が育てていた面もあった」

世の中が、男と女、どちらの文脈で動いているかとなれば、やっぱり男の文脈と即答することになるのだけれど、現実に『噂の東京マガジン!』のおじさん連中や、若い奥様を貰って嬉々とするおじさん連中の姿を目の当たりにすると、改めて危機感が芽生える。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask 武田砂鉄さんは男性なのに、男性が無自覚にやるハラスメントに敏感ですごい。あと「そりれはないな」「つぐつぐ思うよ」はたしかに「うーん」と思うw 4年以上前 replyretweetfavorite

k40r1 --芸能人の離婚問題とか興味ないけど、筆者と同じく「ロックだから」の言い訳はロック聞きとして本当に反吐がでる。 4年以上前 replyretweetfavorite

mamesuke0212 https://t.co/3vbdW90nJf 『Twitterのプロフィールにある現住所を表す所に「リバプール」とあるのを発見、この1点をもってしても、なんだか三船美佳側に加担したくなる』 三船美佳、がんばれ!w 4年以上前 replyretweetfavorite

nao__panda 高橋ジョージのものすごく共感!! → リーゼント・ハラスメント| 4年以上前 replyretweetfavorite