異星人との出会いと人類の変貌。『幼年期の終り』のお話です

SFマガジン史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル・ライターの西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容を思うままに語る本誌連載がcakesにも登場です。
今回ご紹介するのは、アーサー・C・クラークの代表作『幼年期の終り』。2014年のオールタイム・ベストSF投票でも海外長篇部門第5位に選ばれた、すべての世代に愛される傑作SFを西田さんが語ります!

 高次の知的生命体と邂逅したい♡ そして進化したい♡ という私のときめきポイントを押さえたこの作品を今まで読んだことなかったのは、たぶん、一番クラークを読んでいた時期に地元の図書館になかったから。そして、その後もなんとなく読む気になれなかったのは、あまりに有名で、いつのまにか読んだ気がするようになってしまったから。……もったいなかった。萌えの連続だったのだ。

 米ソの宇宙開発競争が大きく盛り上がろうとしているそのとき、巨大な宇宙船団が空を覆う。明らかに人類より何段階も高次な知的生命体であることを思わせる彼らを、人々は「オーバーロード(上帝)」と呼んだ。彼らはまるで保護者のように振る舞い、姿を見せることなく地球を管理する。人種差別、動物虐待、戦争、凶悪犯罪、人間の悪徳は一掃されつつあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

にゅうもん! 西田藍の海外SF再入門

西田藍

2014年10月号のSFマガジン(売切御礼)において史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容を思うままに語る本誌連載がcakesにも登場です。紹介されるのは、幾星霜も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nzm 毎週書かないと! ムリなら隔週でも。 6年弱前 replyretweetfavorite

iCharlotteblue よろしくお願いします♡ 6年弱前 replyretweetfavorite

iCharlotteblue Webだと反応が直接届いて嬉しいな!よろしくお願いします♡ 6年弱前 replyretweetfavorite

iCharlotteblue 登録は簡単です! 読んでみてください♡ 6年弱前 replyretweetfavorite