ごめんなさい、罪を犯しました」と白状したい。

"知の巨人"と名高い編集工学者・松岡正剛さん。そんな松岡さんに、「松岡正剛は謎だらけ」「どうして松岡さんは答えを教えてくれないのか」と、cakesでもおなじみの作家・海猫沢めろんさんが切り込みました。
最終回では、いよいよ松岡さんの「謎」の正体に迫ります! 松岡さんが「弱さ」をすすめる理由、そして死ぬ前にやりたい「仮説」と「白状」とは?

松岡正剛の「謎」の謎

— 冒頭の問いに戻りますが、やはり松岡さん自身のことで、「謎」に思っていることがあるんです。

松岡 はい。

— 今は池上彰さんですとか、答えを分かりやすく教えてくれる人、謎を解き明かす人っていうのが求められていますよね。でも、松岡さんはこうして話していても、答えがわかったという感覚ではありません。

松岡 ふふふ。

— なにかを掴みかけた気がするんですが、肝心なところはどんどんわからなくなる。これまでの話を聞いて、それは意図的にそうしているのだとわかりましたが、では、どうやってそれをコントロールしているんでしょうか。

松岡 たとえばティラミスをまだ知らないときと、初めて知ったときと、実際に食べた時って違いますよね。本も「読前」「読中」「読後」というものがあって、「あ、新作だ」って手にとるときと、「この分野ってなんだろう」って思うときと、ちょっと読んでみて「どこの棚にアーカイブしようか」って考えるときの読み方には違いがありますよね。

— はい。知らないものを知った後に、これはうまいとか、まずいとか、自分なりに整理をする作業ですね。

松岡 そうするとね、一番最初に浮かんだ疑問というのは、次第に忘れていくんですよ。

— そうですね。

松岡 僕がいつも心がけてるのは、読者や聞き手を、その最初の疑問が浮かぶ「事前の世界」に連れて行くことなんです。その人の中の「幼な心」だとか「フラジリティ」(脆さ)とか「バルネラビリティ」(脆弱性)とか、知らなかったけど懐かしい「アンノウン・メモリー」のような世界を思い出させるのが僕の仕事だと思っています。
 そこでは答えはもともとひとつではない。僕が謎めいて見えるのは、そういう部分かもしれませんね。

— 僕らはそうした「事前の世界」を想像したほうがいい、ということなんでしょうか?

松岡 したほうがいいですね。僕たちはたくさんの動機をもとに選択をするわけですよね。でも、本当は選択をする直前のほうが、もっとたくさんの選択可能性を持っていたわけです。

— たしかに、そこには無限の可能性がありますね。

松岡 現代は動機を持ってから何かを選択するまでが短い。どんどん短くなってきている。かつては、選択前の自由度の高さが、そこで不安が生まれたり、努力を要したりするドラマ性を保証していたんです。

— 知らないことを夢見ながら、期待を高めて奮闘すると。

松岡 そうです。だから僕は、多様な選択の中でたゆたっていく状態を作りたいんですね。答えが決まりきった世界なんて生きづらいでしょう。

フラジャイル—弱さの強さ

— 事前の世界でたゆたうことの良さもわかりますが、その世界にずっといられるのは強い人だけではないか、という気がするんです。人は答えを求めたくなってしまう。たゆたうことに耐えられない弱い人はどうしたらいいんでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
謎めく賢者の告白—松岡正剛インタビュー

松岡正剛

「知の巨人」と呼ばれ、雑誌『遊』やブックレビューサイト『千夜千冊』など、いつも新しい場を構築してきた編集工学者・松岡正剛さん。「謎の多い賢者のよう」「松岡さんは答えを教えてくれない」と話す作家の海猫沢めろんさんが、松岡さんが手がけたス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wodkiaki about https://t.co/tKUug0sgAG 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa 【NEW!】松岡正剛インタビュー最終回。この2ショット写真、家に飾ってますw https://t.co/ePSNq0X6EA #life954 #genron 2年以上前 replyretweetfavorite

kuniji セイゴウさん参画で期待大だった「NAZO」は正直つまらなかった⇒  2年以上前 replyretweetfavorite

sayanamikawa なんかこの展開(タイトルはともかく 笑)はちょっとQuestに活かせそうかもと思いました。 活かすというか、、うーむ、ふと、こういう感覚を大切に出来る企画かも?というか、、... http://t.co/tqswoN6V7K 2年以上前 replyretweetfavorite