加速するためには、自分のスキルで立ち向かわない

"知の巨人"と呼ばれ、雑誌『遊』やブックレビューサイト『千夜千冊』など、いくつものメディアやコンテンツを築いてきた松岡正剛さん。そんな名高い編集工学者に、「松岡正剛は謎だらけ」「どうして松岡さんは答えを教えてくれないのか」と、cakesでもおなじみの作家・海猫沢めろんさんが切り込みました。
第2回は、「制限」と「謎」について。限界を超えるための「制限」や「そこにないもの」を操る方法とは。

自分のスキルで向かわない

— 松岡さんが70年代から80年代にかけて作られた「遊」は、いま見てもかなり尖っていて、まるで紙の上でできることを全部やろうとしているかのような、すごく意欲的なものだったと思うんです。

松岡正剛(以下、松岡) そうかもしれませんね。

— 今回『NAZO』は、コンテンツ中にいろんな謎や物語が詰め込まれていて、コンテンツの外にも新しい試みがある。新しいデバイスの上で「遊」をもう一回やったらどうなるか、ということの一つの答えなのでは?


雑誌『遊』(1971年(昭和46年) - 1982年(昭和57年))。
「オブジェマガジン」と称し、あらゆるジャンルを融合し超越した独自のスタイルは日本のアート・思想・メディア・デザインに多大な衝撃を与えた。松岡はこの雑誌の編集長を務めつつ、雑誌そのものへの寄稿、対談なども行い、1979年(昭和54年)には初の単独著書となる『自然学曼荼羅』を刊行する。(wikiより)

松岡 お察しの通りです。実は、僕の中では「遊」ですら紙じゃないんですね。自分の頭のなかで、何かをトランジット(通過)させながら、行ったり来たりを起こす。それが「遊」では紙というデバイスに表現されるし、『NAZO』ではスマホアプリになっていく。これが僕がいつも言っている「編集」なんです。
 そこを加速するために必要なのは、自分のスキルだけで向かわないこと。それだと遅くなるんです。

— 自分のスキルで向かうと遅くなる? そこはもう少し聞きたいです。スキルで向かわないとしたら、何で向かって行けばいいんでしょう。

松岡 自分のスキルには限界があるから、認知限界と行動限界があるわけでしょ。例えばスポーツをしようとするのに肩が悪いだとか、足が遅いだとか、眼鏡かけてるとか、いろんな限界がすべて出てきて、結局はゴルフで言えばレッスンし続けるみたいなことになりますよね。

— はい。

松岡 それよりもゴルフというものが持っている特徴をなにか別のものにデペイズしたり、置き直したり、トランスフォームした時に、「あ、ゴルフってこういう可能性があるな」というものを、掴みとる。僕は普段から色んなものを別のものに置き換えては戻すようにしているんです。

— 具体的に言うと、それはどういうことなんでしょう?

松岡 非常に変な例を言うと、最近感動したものが「ざわちん」なのね。

— ものまねメイクの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
謎めく賢者の告白—松岡正剛インタビュー

松岡正剛

「知の巨人」と呼ばれ、雑誌『遊』やブックレビューサイト『千夜千冊』など、いつも新しい場を構築してきた編集工学者・松岡正剛さん。「謎の多い賢者のよう」「松岡さんは答えを教えてくれない」と話す作家の海猫沢めろんさんが、松岡さんが手がけたス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Next_Exit これは読んでおきたいなぁ。 2年以上前 replyretweetfavorite

MUGENKARATE 謎めいた賢者にNAZOを乞う――松岡正剛インタビュー|海猫沢めろん @uminekozawa /松岡正剛 @seigowhibi |cakes(ケイクス) https://t.co/v988cskNVt 2年以上前 replyretweetfavorite

hal_31 これ、クソ面白い 2年以上前 replyretweetfavorite

suguruko ”「この部屋に何がないか?」っていう問いから始めた方が、「ある」ものをアナリシス(分析)するよりもおもしろいスタートになる。” 2年以上前 replyretweetfavorite