LとRを聴き分けるには?

先週お話した、LとRの発音はまだそれほど難しくありません。難しいのは、この二つの音をはっきりと区別し、聴き分けることです。今日はいくつかコツを紹介しましょう。

 前回2回にわたってLRの発音について話してきました。LとRの発音はそれなりに難しいですが、そうは言ってもちょっと練習すれば、割合すぐに身につけられるものです。ある程度自信がついたら、LとRが繋がったり、何度も出てくる単語などにトライして、新しい口の使い方に慣れ親しんでみてください。girl, world, rural, rifle などなど。rural なんて本当に難しいですが、こういうのはそれなりの練習のコツがあります。例えば最後のLはとりあえず忘れて rurarurarurarura と何度も言ってみます。あるいは、最初のRを忘れてural ural ural と繰り返してみます。両方が言えるようになったら、ru - ral という感じで、u で少し伸ばして言ってみます。これがスムーズに言えたら、今度は普通にruralと言ってみましょう。さらっと言えたのではないでしょうか?

まず、カタカナを介さずに覚える
 前々回も書きましたが、聴き分け以前に、そもそも書く段階でLとRを混同させている人、たくさんいます。Reallyをleallyと書いたり、Rib をLibなどと言った具合ですね。これには2つの原因がありますが、一つはカタカナを介して発音を単語を覚えていることです。

例えばplay という単語は「プレイ」と日本語化してしまっていますから、playroomがプレイルームと、LとRの全く区別がないままに記憶されてしまっています。この手の単語は本当にタチが悪く、いつまでも僕らを追いかけて混同させます。いくつか例を挙げてみましょう。

プレイ play(遊ぶ)、 pray(祈る)

レース lace(レース、ひも)、 race(競争)

リード lead(導く)、 read(読む)

ライト light(軽い、明るい)、 right(正しい、右)

レイン lane(車線、小道)、 rain(雨)

ロング long(長い)、 wrong(間違った)

コレクト collect(集める)、correct(正しい)

クルー clue(手がかり)、 crew(乗組員)

フレーム flame(炎)、 frame(枠、骨組み)

グロー glow(輝く)、 grow(成長する)

レッド led(導いた)、 red(赤)

グラス glass(導いた), grass(草)

フライ fly(飛ぶ)、fry(揚げる)

 これらの単語は、もうなんとかしてカタカナから切り離して記憶し直す必要があります。私が勧めるのは、片面に絵が書いてある単語カードをつくり、カタカナと単語のリンクを切り離すことです。また、例文を添えておき、それもセットで覚えるとカタカナとの分離がしやすいように思います。

例えば、lock とrock ならこんな具合です。


You have to lock the door.


Don’t throw a rock!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

y_yt 発音はイージーでも、聞き分けは難しい! 僕も先頭にある"R"と"L"の聞き分けは出来ても、中にあるとあれどっち?、ということも多いです。MT @Matsuhiro:… 4年以上前 replyretweetfavorite