肉・肉・肉を喰らい尽くした1月

今回の「フィットする晩餐」は、肉特集! 年が明けてから、肉を食べているという山本憲資さん。肉といっても調理法はさまざま。まずはふたつの名店で修行したシェフが開いたステーキのお店。ワインに合わせていただきます。もう一軒は、こちらも焼き肉の名店がリニューアルオープンしたばかりの新店。東京の最高の肉料理たちを喰らい尽くします!

高級ステーキをリーズナブルに楽しめるお店

札幌でジンギスカンを食べたと前回書いたが、東京に帰ってきてからも肉をよく食べている。昨年この連載でも書いた、荻窪の和食屋で実施した先輩方との新年会が、同メンバーで2015年も開催されることになった。今年も店選びは僕の担当だったが、今回選んだのは中目黒の「VITIS」というステーキ屋さん。シェフは1981年生まれの僕と同じ年生まれとまだ若くて、新橋の超がつくほどの名ステーキ店である「麤皮(あらがわ)」、「哥利歐(ごりお)」を経て昨年末に独立したというプロフィール。

これらの店だとひとりあたり3、4万円で済まないが、「VITIS」ならコースで1万5千円とまだ行きやすいプライス。新年会ということもあり、少し贅沢をして肉を味わおうという趣向でいざ突撃。

せっかくの美味しいお肉、いいお酒と味わいたいなということで、今回はシャンパンと赤ワインのボトルを持ちこませてもらった。シャンパンは何度かここにも書いている、去年出会ったお気に入りの銘柄であるルラージュ・プジョー、赤ワインはイタリアのガヤ。持ち込み料は2本で5000円と比較的リーズナブルな設定。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pyupyuku 肉・うにくくいてええええええ 5年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_ 肉だ〜〜〜〜〜〜 |フィットする晩餐|山本憲資 https://t.co/xYUIarjGHT 5年弱前 replyretweetfavorite