Rの発音はノドなのだ!

おそらく日本人にとってもっとも発音が難しい英文字、それがRです。いったいどうやればうまく発音できるのか、今日は徹底的に解剖してみました。

 さて今週は、先週のLに続き、Rの練習です。

 Rの発音については、二つの留意点があります。ひとつは、「RがないところにはRを入れない」ことです。もうひとつは、Rの発音そのものについてです。

Rを入れると英語っぽい?
以前にも書きましたが、Rについてまず注意すべきなのは、「Rが入っていないところにはRをいれない」ということです。ところがRを混ぜたほうが英語っぽいと思うのか、全く必要のないところにRを入れている人がたくさんいます。

 例えば fast という単語にはRが入っていませんから、 fast car (速い車)というときには、絶対にRを混ぜてはいけません。うっかりRを混ぜてしまうと、first car (一番目の車)のように聞こえてしまうわけです。fast 以外にもcone(円錐)にRを混ぜると、corn (とうもろこし)に聞こえてしまったりします。別にRを入れても英語っぽくならず、むしろ「日本人訛り」が強調されますので、無駄にRを入れないようくれぐれも注意しましょう。なお、これは本当によく耳にする日本人独特の癖で、職業的に英語を使っているパイロットや客室添乗員といった方々の機内放送ですら、要らないところにRが混じっています。

ではRをどうやって発音すればいいのか?
 Rを発音するには、2つの方法があります。ひとつは日本でもよく知られた、巻き舌にする方法です。もう一つの方法は、舌の奥の方を、上の奥歯に着くくらい引き上げる、という方法です。別にどちらの方法が優れているというわけでもありませんし、使い分けがあるわけでもありません。  さらに本質的なことを言ってしまえば、舌を巻くか、舌の奥を引き上げるかは、かなりどうでもいいことです。両方のやり方を試してみるとわかりますが、どちらの場合も、舌を操作することで喉が広がり、上顎の奥の方の柔らかい部分(軟口蓋)が持ち上がって口内の奥の方に大きな空間ができます。この広がりがキチンとできていること、それが一番大切な部分です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Puku_Pukuro Rについてまず注意すべきなのは、「Rが入っていないところにはRをいれない」ということです。…fast car (速い車)というときに…うっかりRを混ぜてしまうと、first car (一番目の車)のように聞こえてしまうわけです。 https://t.co/0lYyOJMahL 4年以上前 replyretweetfavorite

hal_31 これちなみに動画つきで結構保存版だと思う。 4年以上前 replyretweetfavorite

hal_31 苦労するものです。あくびする感じで意識的に口を開ける。 4年以上前 replyretweetfavorite

nakaniso 軟口蓋を意識して話すとは。口の中の筋肉がもたないっす。|Rっていったいどう発音すれば | http://t.co/m5fi3TTKvb 4年以上前 replyretweetfavorite