名前を出せば駄作は作れない

新しいゲームの作り方を模索する、ゲームクリエイター対談は中編。自らの名前を出し、クラウドファンディングを利用した資金調達の試みをしているお二人ですが、名前を出すことで批判の声もあったそう。その批判をどう受け止め、どう乗り越えるのか。かつての勢いを失ってしまった国産ゲームが再び復活するために、熱い対談は続きます。

「艦これ」から「グランドセフトオート」まで認める海外ゲーマー

加藤拓(以下、加藤) 稲船さんが使った、Kickstarterというクラウドファンディングは海外のサービスですよね。なにか海外と日本で違いはありましたか?

稲船敬二(以下、稲船) ゲームの地位、価値が違うんですよ。ちょっと説明しづらいんですが、日本ではゲームはあくまでゲーム。だけど、海外ではゲームは文化なんですよ。

加藤 文化、ですか。

稲船 例えば、日本のゲーム業界において支持されているものって、けっこう絞られている。女の子が軍艦になったりするのとか、アニメっぽいものとか。

加藤 『艦これ』*1ですね(笑)。あと、日本だと稲船さんも携わっていた『モンスターハンター』も日本で突出して受けてますよね。
*1 「艦隊これくしょん -艦これ-」:大日本帝国海軍の艦艇を萌えキャラクターに擬人化した「艦娘」をゲーム中で集め、強化しながら敵と戦闘し勝利を目指すというもの。

稲船 モンハンのように、戦闘の途中で肉を食べたり武器を研いだりというのは、海外の人からしたら「はあ?」って思うらしいです。リアリティ無いよねって。

加藤 なるほど。

稲船 そうやって支持されるジャンルが絞られると、その流れに乗って、似たような世界観のゲームばかりになってしまうんですよ。

加藤 確かに日本は一部のジャンルが突出しているような感じがします。

稲船 もちろん、そういうゲームもあっていいんです。ただ、海外だとそういうゲームだけじゃなく、『グランドセフトオート』や『コールオブデューティ』のようなゲームも受け入れられる。海外の人たちの「好き」っていう部分の絞りの広さ、層の広さはすごいと思います。ゲームイベントに行くと、小さい6、7歳くらいの女の子が「メガマン好きー!」*2ってキャーキャー言いながら僕のところに来るんですよ。
*2 『ロックマン』の英語圏における呼称。

加藤 そんな小さな子が知ってるんだ!

稲船 かと思ったら、次は身長2メートルくらいある青年が「おれはメガマン大好きなんだ!」って握手を求めてくるんです。この年齢の広さや多様性は日本ではあまり感じられないです。

尊敬するのはゲームか、クリエイターか

稲船 あと、リスペクトの仕方の違いもある。例えば、さっき加藤さんが「稲船さんのゲームをやって育ってきて~」みたいなことを言ってくれたじゃないですか。そういうの、だいたい建前ですよね?

加藤 いやいや、そんなことないですよ(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
稲船敬二×加藤拓 ゲームクリエイター対談

稲船敬二 /加藤拓

ゲーム機の性能が上がり、開発費が高騰している昨今。かつて世界中のファンを虜にした日本のゲーム業界は、苦しい状態におかれています。そんな中、新しいゲームの作り方を模索する、ふたりのゲームクリエイターに対談していただきました。一人は「ロッ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

pochakawanon ゲームやらないけど対談内容刺さった(≧∇≦)〜 5年以上前 replyretweetfavorite

taku_kato 稲船さんとの対談2回目です! 6時間だけ無料です、ぜひご一読ください^^#airshipq 日本のゲーム 5年以上前 replyretweetfavorite

AirshipQ 稲船敬二×加藤拓 対談第2回掲載! 本日13:30~19:30の6時間限定で、無料でお読み頂けます(有料会員登録不要)。 https://t.co/s3GR2eUGbQ 会員の方、新規登録される方はこちら。 https://t.co/P9oWV6zti9 #airshipq 5年以上前 replyretweetfavorite

consaba 「艦これ」から「グランドセフトオート」まで認める海外ゲーマ|ゲームクリエイター対談| 5年以上前 replyretweetfavorite