これ、食べられる? 銀座・資生堂ビルで味わう、強烈な「食」の体験—川内理香子展〈絵画〉

赤い外観が人々の目をひく銀座・資生堂ビル。地下の資生堂ギャラリーでは、川内理香子展〈絵画〉が開催中です。ここに並べられている作品に描かれているものは、甘そうなスイーツたち。見ているだけでお腹がすいてきそうなのに、それは食べ物自体ではありません。食べるという「概念」を展示しているかのような今回の展覧会を鑑賞したあとは、資生堂パーラーでお茶なんていかがでしょうか?

東京銀座の資生堂ビルといえば、昔から銀座を象徴する建物のひとつ。ビル内には、数々の小説や絵画に登場してきたレストラン資生堂パーラーなども入っていて、一角からはそこはかとなく文化の香りが立ち上っておりますよ。

地階に降りれば、資生堂ギャラリーです。1919年開廊という長い歴史があって、現存する日本最古の画廊といわれております。ここで現在開かれているのが、川内理香子展〈絵画〉です。新進のアーティストを応援する公募展「シセイドウ アートエッグ」というプログラムで選出された作家による個展となります。

天井の高い白壁のギャラリー内に入ると、人の顔やシルエットを繊細な線で描いたドローイングが幾枚も並んでいます。壁面が大きいのに比して、展示されている点数はささやかで、色合いもごく抑えめ。広い空間に空白の部分がたくさんできていますが、それがほどよく心地よい。頼りなさげに引かれた線の一本ずつを、ゆっくりと目で追っていこうとするときに、白い余白がまわりにたっぷりあることは大いに助けになります。描かれたものに、ぐっと集中できるような感じがあるのですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません