ジョブズが世界中の若者に与えた甘い幻想

物事の真実は、得てして、つまらなくて退屈で当たり前だったりします。その真実に気付いたとき、そこから目をそらすのか、正面から受け止めるか? スティーブ・ジョブズは全世界の若者に人生は短いのだから夢を追うようにと伝えました。しかし、問題は「誰も夢の見つけ方を知らない」ということです。


どうして、私だけがこんな目に遭わなくてはならないのだろうか。希望退職をして既に去って行った数名の営業アシスタント。誰もこんな言われようはしていないはずだ。最後の営業アシスタントだから引き留めようとしているの? いや、それでも、いくらなんでも、あんな言われようは納得ができない!

マイボトルのルイボスティーを一気に飲み干し、「よし!」と一声背筋を伸ばす。うん、大丈夫。誠意を持ってしっかり話せば、自身の思いは絶対に伝わる。今朝の占いのラッキーアイテム(ルイボスティー)に背中を押された美沙は、勢いよく中会議室へと向かった。

「浅井さんはいつもお弁当持参されているようですね」

「はい、毎日外食だと正直きついので……」言ったそばから、何となく安月給を主張しているかようで、気まずさに自然と目線が落ちた。

「そうですか」

あっさりとした返答に、やはり自虐的発言であったか……と思う。

「では午前中の話の続きをしましょうか。浅井さん、何か言いたいことはありますか?」

言いたいこと、と言われると、口にするには少しばかり勇気がいったが、自身を奮い立たせ口を開いた。

「私は……別に頑張りたくない、と言っているわけではないんです。好きなことを仕事にしたい、そう願うことが、そんなにいけないことでしょうか? 成功者は例外なく、好きを仕事にしています。スティーブ・ジョブズもです」

「浅井さん、ジョブズの偉大さについて沢山の人が色んなことを言っていますが、あなたはどう思いますか?」

どう? どう?? 自ら名を口にした割に、悔しいけれど何も言葉がみつからない。

「私はこう思うんです。彼は『いま、ここに存在しないものに対して情熱を傾けられた』。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

su_3 作られた夢に焦がれてたとか、後になって恥ずかしくなるんよね。 6年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_ 人間は歴史修正主義だって、京極堂も言ってた 6年弱前 replyretweetfavorite