note通信

男性は「私」より「ぼく」を使え?—思いを伝える文章の書き方

テキストや写真、イラスト、音楽、動画と幅広いジャンルのクリエイターの方が作品を発表しているSNS「note」。cakes編集部では、姉妹サービスであるnoteの作品をご紹介する「note通信」をスタート。cakes読者のみなさまにもおすすめしたいnoteを取り上げていきます。

今回ご紹介するのは、
「古賀史健」さんのコラム「おれは僕に私を書かせる」。

古賀史健さんは、プロのライターであり、「書くこと」に特化したライターズ・カンパニー batons の代表取締役社長でもあります。

男性と女性の文章だと、女性の方が好感のもてる文章を書く人が多いという古賀さん。その違いは、実は使う「主語」によって生まれていると指摘します。

「ぼく」や「私」といった主語の選択が、なんと書く文章の内容にまで影響をもたらすということが、プロのライターの視点から丁寧に説明されたコラムです。

以下、noteより転載です。


おれは僕に私を書かせる

ライター講座で受講生たちに作文してもらう。すると、「お見事!」とまではいえなくとも、好感のもてる文章を書いてくるひとはたくさんいる。そしてその大半が女性陣だ。肩に余計な力を入れず、するっとした筆致の、読み手を疲れさせない文章を、書いてくる。

いっぽう、男性陣の文章はたいてい窮屈で、まわりくどく、つまらない装飾でからだを重くし、読み手をへとへとにさせる。きっと若いライターさんでも、その傾向はあると思う。

これって別に、男性脳とか女性脳とかのあぶなっかしい議論ではなく、単に主語の問題じゃないかと思っている。つまり、おれやわたしやぼくやわたくしの問題なんだと。

講座で課題文を書くとき、ほとんどの男性陣は主語を「私」にする。これはびっくりするくらいの割合で、「私」だ。きっとそれが社会人としての、いっぱしの大人としての、オフィシャルな何某としての、あるべき姿だと教えられてきたのだろう。

けれども日常の会話において、彼らが主語に「私」を使う機会なんて、ほとんどないはずだ。どんなおじさんになっても、どんなにまじめな人でも、気のおけない日常の主語、家族や友人と過ごすときの主語は「おれ」や「ぼく」である。

要するにこれ、完全なる言文不一致、しょっぱなからのボタンの掛け違えなのだ。

文章を書こうと意識した瞬間、いきなり「私」の仮面をかぶる男たち。慣れ親しんだ「ぼく」ではなく、どこかの誰かを模倣した「私」のことばを組み立てようとする男たち。肩に力が入るのも、虚飾のべらべらを並べてしまうのも、当然だろう。

一方、女性陣にとっての主語はふだんから「わたし」であり、文章に向かうときの主語も「私」であり、いつもとおんなじ「ワタシ」のまま最初の1行を書き、文章の中に入っていくことができる。

ここに問題がないわけではない。彼女たちは、半径5メートルの風景を描くことは得意でも、高いところから俯瞰した全体像を描くのに苦労することが多い。エッセイ的な文章はさらさら書けるのに、論文調の文章ではとたんに筆が重くなる。ひょっとするとこれは、「わたし」と「私」の分離のむずかしさに起因しているのかもしれない。

ということで。

文章が苦手な男性陣は、いちど主語を「ぼく」にしてみるといいと思います。そしてどうしても「私」にしたければ、ぜんぶ書き終えたあとで「ぼく」を「私」に一括変換してみましょう。

女性陣の場合は、これは「私」であって「わたし」じゃないんだ、ということを頭の片隅においておくといいのかもしれません。いや、このへんは「わたし」を主語にしゃべったことがないのであてずっぽうですが。

いずれにせよ「私」や「わたし」、「ぼく」や「おれ」の主語を選択するときは、これから自分がどんな嘘をつこうとしているのか、そこで何者を演じようとしているのか、もっともっと自覚的になるべきだと思います。

そんな「わたし」をかんぺきにコントロールできるひとを、たぶん作家と呼ぶのでしょう。



転載元:古賀史健「おれは僕に私を書かせる」(2015/01/06)


noteアプリのダウンロードはこちらから

この連載について

初回を読む
note通信

cakes編集部

「note通信」では、cakes読者のみなさまにもおすすめしたいnoteの作品をご紹介! cakesの姉妹サイトであるnoteでは、テキストや写真、イラスト、音楽、動画と幅広いジャンルのクリエイターの方が作品を発表しています。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

agimuse これは面白い視点だなあ。 2年弱前 replyretweetfavorite

su_3 一人称を「僕」にすると村上春樹調になるという病態も。 4年以上前 replyretweetfavorite

Groovesoul 一理あるかも。 4年以上前 replyretweetfavorite

yuhei_matsumoto なるほどねぇ/ 4年以上前 replyretweetfavorite