夏は、サザンよりTUBEだ!

「夏」のイメージが強いバンドといえば、湘南の海などをテーマにした楽曲が多いサザンオールスターズが真っ先に挙がると思いますが、そんな状況に異を唱えるのが今回の武田砂鉄さんのコラムです。年末の紅白歌合戦でのパフォーマンスが物議を呼んでいるサザンに対して、最近では真夏でさえなにをしてるのかあまり聞かないTUBE。だからこそ今TUBEを聞くことこそが重要だと武田さんは言います。

誰が夏を宣言していたか

今は、夏ではなく冬。そして、TUBEよりサザンが話題な今。何故こういうお題で書き進めるかは冒頭では説明しないし、最後まで説明できないかもしれない。かつて、夏と言えばTUBEで、冬と言えば広瀬香美だったのに、肝心要のTUBEや広瀬香美が率先して夏や冬以外にも働き始めたタイミングがあって、それはもしかしたら、一つの大切な季節感が失われた瞬間だったのかもしれない。

例えば今この1月中旬に少しだけ暖かい日があると気象予報士は「3月上旬並みの陽気でしょう」と口を揃えるけれど、90年代半ば頃、気象予報士が何と言おうと、TUBEが夏と言えばそれが夏の訪れのシグナルだったのである。93年から95年にかけてのシングル「夏を待ちきれなくて」「夏を抱きしめて」「ゆずれない夏」は、いずれも4月か5月に出ている。小学生から中学生にかけての時分、新しいクラスにまだ慣れない頃だってのに、TUBEが、もう夏だよと宣言を重ねてきた。TUBEが夏と言ったから、夏だったのだ。

間接的にほのめかす大物に弱い

昨年末の紅白歌合戦の登場時に、現政権の右傾化を皮肉ったと、サザンオールスターズの歌詞の解釈が物議を醸したが、議論すること自体にいまいち乗り切れなかった。「これは政権に対するアンチの表明に違いない」という勘繰りから、瞬く間にリスペクトが形成されてしまうスピード感。これこそ、今現在、メジャーな音楽シーンに社会批評が欠けている証左とも思えたし、こうして考えられ過ぎることで闇雲に育まれるリスペクトを、本人たちが待望しているようにも見えない。この一件に限らず「さすが○○」と相手を褒め称える時に、○○側ではなくて、その褒め言葉を投じた側の意識の高さばかりが積み上げられていく違和をあちこちで感じる。もっともっと直接的なアピールをしている表現者がいても、それらにはアクセスせずに、間接的にほのめかす大物に「さすが」と声をかけるだけで、自分の意思表示を済ませていくあの感じ。

反知性主義と「サザンってすごい」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kareigohan42 あああこれ君の名は、を見たときに思ったことそのものだぁぁ 圧倒的な無思想にリセットしていくほうが建設的なのか は、サザンよりTUBEだ!|武田砂鉄 @takedasatetsu | 2年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden 深すぎるのかよくわからない。タイトル見た時は単純に世代じゃないかと思ったが  4年以上前 replyretweetfavorite

Leventseleve 良かったよ!!題名からは予想外の真剣な社会派記事>> 4年以上前 replyretweetfavorite

the_kawagucci 90年代半ば頃、気象予報士が何と言おうと、TUBEが夏と言えばそれが夏の訪れのシグナルだったのである。93年から95年にかけてのシングル「夏を待ちきれなくて」「夏を抱きしめて」「ゆずれない夏」は、いずれも4月か5月に出ている。 https://t.co/F4joYoM1jW 4年以上前 replyretweetfavorite