vol.1 SNSの世界は現実以上に生きにくい?

人と人との距離を近づけたかに思える、SNSの発達。しかし、「あいつは俺より恵まれてる」といった妬みや、「あいつがむかつく」といった怒りが可視化され、溢れかえってギスギスしているのも事実です。ネガティブな感情むき出しの言葉で個人を攻撃する「炎上」も、めずらしいものではなくなりました。自分と違う人々と、少しでも良い関係を育てていくにはどうしたらよいのでしょうか? 自分と違うことだらけの外国で長く暮らしてきた『どうせなら、楽しく生きよう』著者の渡辺由佳里さんと、米ニュージャージー州在住の作家・ジャーナリストで、『アイビーリーグの入り方』著者の冷泉彰彦さんが考えていきます。

「視覚障害者は申し訳なさそうに生きるべき」!?

冷泉彰彦(以下、冷泉) 渡辺さんの『どうせなら、楽しく生きよう』、「楽しく」拝読させていただいたきました。

渡辺由佳里(以下、渡辺) ありがとうございます。

冷泉  読むのはすごく楽しかったのですが、その一方で、途中からずしんと重たい問いかけを感じながら読んでいました。

渡辺  「ずしんと重たい問いかけ」とはどういったことでしょうか?

冷泉 アメリカでもそうなんですけれど、特に日本で、ネガティブな言葉のやりとりが増えている、そんな現象の存在について、痛感させられました。 心の中になにか暗いものがあって、その暗い感情が、怒りになったり、ねたみになったりして衝動的な言葉や行動が出てきてしまう、そんな話が増えているように思うんです。嫌な事件やエピソードを掘り下げていくと、全部それに結びついていているようです。

渡辺 たしかに、最近のソーシャルメディアでのやりとりを見ていても、嫌な気分になるものが増えてきたと感じます。
 せっかく楽しく生きられるのに、わざと苦しい生き方を選び、周囲の人々まで苦しくさせているような現象ですね。

冷泉 渡辺さんの本の趣旨としては、ひとりひとりがそれに気づいて、「どうせなら、そうじゃなくて、楽しく生きようよ」というメッセージを書かれていると思うんです。
 でも、どうせなら楽しく生きられるのに、楽しく生きられないようにしているものについてお話したいんです。たとえば、一番最近の話題で言うと、とても嫌な話なんですけれど、視覚障害者の方が盲導犬を連れて歩いていると、こっそり盲導犬を突き刺すといういたずらがありました。

渡辺  私もそれをツイッターで見かけました。詳しい内容は知らないのですが。

冷泉  この事件自体には、そもそも刺されていなかったのではないか、などいろいろな報道が後から出たのですが、SNS上でこういう声を見かけたんですよ。「視覚障碍者は犬をつれて歩いていてとっても偉そうで、優遇されている。だけど、私は、若くて仕事もなくて苦しくって、もう自殺も考えたことも何度もある、自分と比べてあの人の苦しみって、全然たいしたことがないと思うのに、私には何の特権も許されていない。これは大変な不公平だ。だから、ブスッと突き刺した気持ちはよくわかるんだ」と。

渡辺  そんなことを言う人もいるんですか。

冷泉  ええ。それで、そういう感想を持つ人は「だけどもさすがに自分は突き刺さないから、せめて、社会的に弱者と認定されている人たちは、既に特権階級なんだから、その特権をよく認識して、もう少し申し訳なさそうにいてほしい」っていう意見を主張するんです。全然間違っているんですけれど、どうやって説明したら「間違っている」ということを納得してもらえるか、というのがとっても難しくって。

渡辺  それは難しいですね。

冷泉 乙武洋匡さんの一件もありました。行きたいレストランがあって、階段を上らないといけなくて、車いすを運ぶのを手伝うよう頼んだが、入店拒否されてしまったと。それを彼がツイートしたら、ものすごく炎上して、乙武さんに対してものすごい非難の意見が来たんですよ。 例えば、乙武さんは、障碍によって世に知られて、すごい有名人になり、お金も持っているのだから、零細な中小企業であるレストランに対する攻撃をする権利はない、っていうような意見ですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

生きにくい世の中をどう生きる?

渡辺由佳里 /冷泉彰彦

人と人との距離を近づけたかに思える、SNSの発達。しかし、「あいつは俺より恵まれてる」といった妬みや、「あいつがむかつく」といった怒りが可視化され、溢れかえってギスギスしているのも事実です。ネガティブな感情むき出しの言葉で個人を攻撃す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tojishakenkyufk 「視覚障害者は申し訳なさそうに生きるべき」!?ということが語られている。>  約5年前 replyretweetfavorite

yuripop 『「(社会的弱者も含む「特権」階級の人には)その特権をよく認識して、もう少し申し訳なさそうにいてほしい」という意見がある』 記事の主張とはズレるが、この部分の表現は端的で分かりやすい https://t.co/mfQD1ApTls 約5年前 replyretweetfavorite

hirokiwachigai まぁ、みんな人に気しすぎなんだよね。 約5年前 replyretweetfavorite