特別企画】ベストセラーを生み出すには「顧客」を見極めろ!

昨年末に発売された、本連載をまとめた書籍『すべてのニュースは賞味期限切れである』(アスペクト)を、いかにして売るべきか? 公開販促会議の後編です。今回もcakes編集長・加藤を交え、本書の売り方を考えます。本の顧客は誰なのか、書店とはどう付き合っていけばいいのか、送本はどのように送ればいいのか、などなど、本に限らず全てのビジネスのヒントになるアイデア満載です。
『すべてのニュースは賞味期限切れである』イベントのお知らせ
速水健朗×おぐらりゅうじ×山内マリコ「2015年、とれたて炎上案件を語る」
12/26発売『すべてのニュースは賞味期限切れである』(アスペクト)の刊行を記念して、フリーライターの速水健朗さんとおぐらりゅうじさんのトークイベントを行います。 ゲストはなんと作家の山内マリコさん! 佐村河内、STAP細胞からはじまって、アナ雪、ヘイトスピーチ、衆院選までいろんなことがありすぎた2014年も終わり、はたして2015年はどんなことが起きるのか?

日時:2015年1月22日(木)午後7時~
会場:西武池袋本店別館8階  池袋コミュニティ・カレッジ4番教室
参加チケット:1000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910
http://www.libro.jp/s/blog/ikebukuro/event/2015122.php

コンテクストが複雑なものは共有されない

すべてのニュースは賞味期限切れである
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 今回の書籍化にあたって、このcakesでの記事ごとのアクセス数ランキングを見せてもらったんですけど、実際に読まれた数字とツイートされた数字が必ずしも比例しているわけではないことに、ちょっと驚きました。

速水健朗(以下、速水) 最近だと、この連載の第46回「ダル、西島秀俊、たかじんを捕まえた最強の女たち」はそこまでツイートはされてないけど、読まれてはいた。

加藤貞顕(以下、加藤) これはやっぱり、読んでもツイートはしたくならないタイプの記事タイトルですよね。こういうのを読んでるのを知られるのって、ちょっと恥ずかしいじゃないですか。

おぐら 何をツイートするかは自己ブランディングに直結しているので、こんな下世話な記事を読んでいることを、わざわざ公にする必要ないですもんね。「私はこういうものを読んでいます」アピールしたい人にはまったく向いていない。

加藤 恋愛系の記事も同じような傾向があります。かなり読まれているのにそれほどたくさんはツイートされません。

おぐら 僕もcakesで藤沢数希さんの「女の人の男の選び方は常に間違っている」を食い入るように読みましたけど、ツイートはしませんでした……。逆に恋愛系の記事をツイートしている人の内容を見てみると、茶化したり批判したりというマイナス方向が多い印象です。

加藤 すごくメジャーなコンテンツって、基本的にポジティブなものになるんですよ。ネガティブなものは、最初話題になってもそこまで広がらない。あともうひとつポイントがあって、コンテクストがシンプルなものですね。お二人の連載は、けっこうハイコンテクストですよね。

速水 シニカルというのは、ハイコンテクストなものだしポジティブとも違うし、まあ不利ってことか。でも表現の自由みたいな事って、ペンか剣かみたいな二者択一のものだけではなく、流されずにものをいうための態度でもあるんだけど。

加藤 そうですね。ただ、単純な数字だけでいうと、書籍でもハイコンテクストなものは難しいですよ。それこそ“ふくらはぎを揉みなさい”みたいな、シンプルなメッセージの方が伝わりやすい。ベストセラーの5位にランクインしている池井戸潤さんの『銀翼のイカロス』は、日本のサラリーマン社会のコンテクストが多くの人に共有されているから売れるんですよね。

速水 健康、名言、サラリーマン、受験、売れているのは、誰もが通過したり、少なからず関係していなくてはいけない、つまりコンテクストが共有されやすい分野と言える。

おぐら そして、心と体に分かりやすく響かせることが大事だと。

加藤 『アナと雪の女王』もシンプルですよね。

速水 ディズニーねえ、この70億人の地球人の中でもディズニーを知っている人たちの数って、69億くらいはいそうだよね。僕らももう少しローコンテクストを目指さないといけないのか。

おぐら もしくは7位の『ビリギャル』を見習って、表紙を速水さんと僕ではない別の2人組にするとか?

速水 『ビリギャル』の話題って、表紙のモデルが大きかったよね。表紙の子が慶應受かったと思ってる人が多かった。

おぐら 女子高生ギャルがニュースを論じるって、売れる感じしますよ。

速水 「アメリカとキューバがワンチャン国交回復しそうなんだって」とか「経団連がベア容認とかマジうけた」ぐらいのノリで。

おぐら 「なんで解散するか知らないし、選挙とか興味ないし。でも投票行かないと叩かれるし」「ってか、うちらそもそも選挙権ないしwww」

速水 けっこういけるね。書籍は間に合わないとしても、2015年の連載はそうしようか?

おぐら キャッチコピーを「女子高生ギャルと女子マネージャーの時事放談……みたいな?」にしておけば、嘘にはならないから大丈夫ですね。

加藤 そういう方向だとツイートされないってことですよ!

本の「顧客」がだれかをつかむためにはまず書店へ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aikocoolup 関係者への送本が千冊。そして「もしドラ」はベストセラーに・・・。 4年以上前 replyretweetfavorite

id_hoven もしドラの編集者の加藤さんの本を売るためのノウハウがえげつない。献本は1000冊。当時の日本代表へも30冊送り、さらに後に著者と岡田監督の対談まで繋がる。この話を本にすべきだわ。 4年以上前 replyretweetfavorite

booknews [はてブ] #shuppan 4年以上前 replyretweetfavorite