パリに住む日本人が感じた、新聞社襲撃テロのこと

フランスの新聞社「シャルリー・エブド」が襲撃され、多くの死傷者が出た事件。ふだんはパリで暮らしているものの、現在年末年始で日本に帰ってきていた中村綾花さんも、SNSやテレビを通じてその報に接したそうです。刻一刻と状況の変化しているさなかですが、現在の中村さんの実感を、周囲の在仏日本人の方のご意見なども引きながらつづりました。

日本で知った、パリのテロ

パリでテロが起きました。

日本に住んでいると、「花の都パリ」と「テロリスト」が結びつかない方が多いかもしれません。でも実は、この事件が起きた際、私は「ああ、やっぱり起きたのか」という気持ちになりました。

10月くらいから「パリでテロが起きる」という噂をあちらこちらで耳にしていたのです。そのため、テロの可能性を少しでも避けるために、標的になりやすそうな地下鉄より、バスや自転車に乗って移動するように心がけていました。

そして、ついに新聞社「シャルリー・エブド」での悲劇。

私がこの事件を知ったのは、日本にいるときでした。母校のある長崎を訪れ、お世話になった方々に歓迎会を開催してもらっている最中、同席していた私の旦那さんが「パリで大変なことが起こっている」と顔色を変えてニュースのことを教えてくれたのです。

そして翌日も、福岡の実家にて家族で夕食を囲んでいる時に、テレビのニュースが、普段私が生活をしている場所の風景を映し出していました。

見れば見るほど息が苦しくなるのを感じたのですが、家族の前では動揺や不安を見せないように隠しました。

私が怖がれば家族は心配し、パリに戻るなと言いだすことが想像できたからです。

私がパリではなく日本にいることで、家族は安心し、実感のない遠い国のニュースだと感じているふうでした。

そんな時、母親は「なんで新聞社が攻撃されたの?」という疑問を投げかけてきました。

まずそう疑問に思う日本人は少なくないのかもしれません。

「なぜアメリカのように大きなビルを攻撃せず、新聞社を攻撃するのか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayakahan メルシーボークー“@hal_31: 純粋にいいコラム。” 5年弱前 replyretweetfavorite

hal_31 純粋にいいコラム。 5年弱前 replyretweetfavorite

kigocochi 以前からフォローしていたエッセイ。ちょうど帰国中でご夫婦とも御無事だったようでよかったです。 5年弱前 replyretweetfavorite