それでも僕は、外科医をやめない

救急車のウラ事情〜暴走救急車にご用心〜

今回のメッツェンバウム次郎氏は自身が同乗した経験から、救急車について語ります。一分一秒を争って、少しも気が休まる時がないイメージの救急隊員の人たち。実際に働いている人たちはどう感じているんでしょうか?命の瀬戸際で働く人たちのリポートをお読みください。


こんにちは。外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

お正月も終わりましたが、なかなか正月気分が抜けませんね。年末年始といえば、我々医者にとっては恐ろしい期間でもあります。

……そう、救急外来が大変混み合うんです!まるで戦場のごとく、患者さんでごった返します。

そこで、今日は救急車にまつわるお話を致しましょう。

みなさんは、119番をしたこと、ありますか?

「一度はある」っていう人、結構多いんじゃないかと思います。

でも、その119番の向こう側で何が起きているのか。どんなドラマが繰り広げられているのか、ご存知の方は少ないでしょう。

救急医療。救命救急とも言いますが、このシーンって本当によくテレビや映画でも取り上げられますよね。

でもね、実際のリアルな現場のお話は意外と語られていないんですよ。このお話をし出すと無限にドラマチックな、劇的なことだらけなのですが……。

ですから今回は、私と一緒にこのcakes上で救急隊員の疑似体験をしてみましょう。この話を聞いてから医療ドラマを見れば、119倍楽しめること間違いなし!!

みなさんが119番に電話をすると、必ず一番始めに聞かれることがあります。それは、

「火事ですか、救急ですか」

そこでまず大きく「消防」か、「救急」かに振り分けます。

私は以前、防災本部の偉い人に一度お話を伺ったことがあるのですが、このはじめの質問で「火事です」と言われると途端に防災本部と隊員たちのボルテージが上がるそう。もちろん救急だからといって、テンションが下がる訳ではないそうですが。救急車が呼ばれると、まず一番近くの救急車が現場に急行します。

全国平均では8.3分で現場に到着しています。ちなみに最も速い県は富山県で6.7分、最も時間がかかるのは東京都で9.7分です。(消防庁ホームページより)

私は医者ですが、救急車には医学生の時にも、医者になってからも何度も乗っています。学生のころは隊員さんの詰め所に隊員さんと一緒に待機して、隊員さんと行動を供にしました。彼らの勤務は24時間働いて、24時間休みなんですよ。

それでは、詰め所で待機を始めましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can #救急車 #119番 #救命救急 #fujitv #救命病棟24時 #doritter #DWL2015 #ドリカム 約3年前 replyretweetfavorite