新訳 世界恋愛詩集

一度でも愛の腕」シュトルム

たった一度でも、心から愛された、と思えたことはありますか? ドイツを代表する抒情詩人でもあり、短編「みずうみ」でも知られる19世紀の作家、テオドール・シュトルム。生涯忘れ得ぬ恋を描いた彼の一篇の詩が、菅原さんの手によって超訳され、現代に甦ります。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。

たった一度でも

愛の腕に抱かれたことがあるならば

おまえの人生は

おちぶれ くちはて うす汚れる ことはない



たった一度でも

愛の腕に抱かれたことがあるならば

おまえの人生が

さげすみ わらわれ 安物になる ことはない



見知らぬ土地で たったひとり 消えるとも

あのくちびるに ふれて感じた 一秒が

ありありと よみがえり

いまでもそこに ふれることができるから

最後までずっと わたしのものなのだから



さよならよりも やわらかな 腕に抱かれて

青いのは空




「一度でも愛の腕」

テオドール・シュトルム(1817~1888)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 『一度でも愛の腕』シュトルム https://t.co/vh3iT1geKJ 「新訳 世界恋愛詩集」 菅原敏(詩人)/青野賢一(選曲) #interfm #ckpirate #266朗読 #radiko 5年以上前 replyretweetfavorite

arappocaro 朗読 一度でも愛の腕 / シュトルム https://t.co/zGzkIa3i15 #ckpirate #interfm 5年以上前 replyretweetfavorite

chierino @sachie815 そしてね、友達が連載で訳してたシュトルムにも通じるものが…。愛されたことがよすがとなるのっていいものね。 6年弱前 replyretweetfavorite

itocchi_k これが更新されるのが楽しみで仕方ない 6年弱前 replyretweetfavorite