楽しみながら仕事をするというキラキラワードに隠されている欺瞞

どこかに違和感を感じながらも、反論する理由も見つからず受け入れられて来たキラキラワード。しかし、綺麗ごとを真に受けて、仕事をしても誰の得にもなりません。労働の意味を問い直す、新しい視点のビジネス小説です。

「あなたは『好きを仕事に』なんていう、キラキラした言葉に人生をかけすぎている」

坂井の言葉の意味を理解しきれずにいた美沙は、席に戻ってからも悶々とした思いから抜け出せずにいた。「キラキラした言葉」というのは、「好きなことを仕事にしたい」ということを指しているのだろうか。確かに、今の美沙は「好きなことを仕事にしたい」と思っている。人生をかけているとも言える。そのことのいったい何がいけないというのだろうか? 悪いことというより、むしろ良いことなのではないだろうか?たくさんの疑問符は一向に姿を消す兆候を見せない。

坂井の真意を聞くためにも、美沙はふたたび話の場を設けてもらおうと決意した。

自身でもわかっている。こんな面談を繰り返すことが馬鹿げているということは。しかし、やはり、このまま放っておくことなんてできない。表立って自己を主張することはニガテな美沙だが、納得のいかないことはどうしても黙っていられないのも、美沙だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirarisa_ 坂井さんのビジュアルを玉山鉄二 with 眼鏡と思うとめっっちゃ萌える|キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!|沙絵 https://t.co/FyJaJwhiXA 4年弱前 replyretweetfavorite