私だってキラキラした毎日を送りたい!

いつだって女子はキラキラしていたい! しかし、キラキラした言葉は、中身があるようにみえて、実はまったくなかったり。この小説は、女性のために書かれた新感覚のビジネス小説です。


私もキラキラしたいから

先日、突然面談を切り上げられた美沙は、暫し自身の過去を回想していた。さまざまな思いが去来する。楽しかったこと、嬉しかったこと、切なかったこと……。そしてその中でも、どうしようもなく湧き上がる自身の強い思いがあることに美沙は気付き、確信をした。

私、相当の覚悟を持っていまを生きている。そう、私には揺るぎない“覚悟”がある。

毎日同じ時間の電車に乗り出勤をする。何となく過ごしてきた今までの日々。そんな日々には終止符を打つと決めたのだ。自分の人生、日常に流されることなく、自分自身で切り開いていくと決めたのだから。

この覚悟は、面談を受けたときだって、変わりはない。人生最大とも言えるこの覚悟、舐められてたまるものですか!

「どうしましたか?」

「はい、前回の面談では、しっかり気持ちを伝えられなかった気がしたので、もう一度お話を聞いていただいてもよろしいでしょうか?」

「どうぞ」

 相変わらず、血の通わない蝋人形のような容貌で坂井は美沙の目の前に存在した。そんな坂井に向け自身の思いを口にするのは、相当に気が滅入ったが、美沙は持てる勇気を総動員して口を開いた。

「私の友人で、退職をしてマクロビカフェをしている子がいるんです」

「マクロビカフェ、ですか」

「はい。無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心にしたカフェです。健康を意識したカフェですね」

「はい。それで?」

「友人はもともと健康志向で、カフェにも憧れを抱いていて、それを実現させたわけです」

「なるほど」

「先日、友人と電話で話したのですが、それはもう、キラキラとしていて。電話口からもそのオーラが伝わってきて。好きなことを仕事にしているとこんなにも輝けるのか、そう思ったんです。

それは、小説家や映画監督のように脚光を浴びることはありませんが、それでもキラキラ輝くことはできるんだ、って。

先日はちゃんと伝えられなかったのですが、私が目指しているのは、ここなんです!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント