誰だって、くだらないものなんかつくりたくない

ゲーム・アニメ・実写など、幅広いジャンルの脚本で活躍している虚淵玄(ニトロプラス)さん。小説の執筆もしながらも、脚本というより大人数での共同作業の世界に身を置き続ける理由とは? そして第一線で活躍するさまざまなクリエイターと仕事をしてきた虚淵さんが考える、「仕事ができる人」の条件とは? 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』上映記念インタビュー、最終回となる今回は、虚淵さんの「仕事観」に迫りました。

自由に弾きまくって、聞こえる「音楽」が楽しい

— 今回の『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』はアニメですが、虚淵さんはゲーム・アニメ・実写……と幅広いジャンルの脚本を書いています。それぞれのジャンルで感じた違いはありますか?

虚淵玄(以下、虚淵) スリルの度合いが違います。ゲーム<アニメ<実写の順で増していく。やっぱり実写映像のほうが予期せぬことが起きやすいし、コントロールしきれないハラハラもあります。でも、スリルは楽しいけど、スリルばかり求めたら最後に破たんする(笑)。

— 初めての実写脚本だった『仮面ライダー鎧武』は、1年間の長丁場でしたよね。その経験は、虚淵さんにとって大きかったですか。

虚淵 「役者さんと作っていく」というのは初めての経験だったので、すごく刺激的な体験でした。もっとあれを掘りつめて、ほかの実写の脚本もやってみたいなとは思いますけど、まあ、なかなか……。

— 活動するジャンルが広がるにつれて、関わる人もどんどん増えていっています。

虚淵 そうなるのは、単純に僕が楽しいからですね! 創作者として「作品を世に出したい」という意識よりも、「面白おかしいことをしたい」という楽しさ優先なのかもしれない。やったことのない人と仕事をして、自分が意図していたのと違う意味合いが生じてくるっていうのは刺激的だし。ジャズセッションみたい。

— ジャズセッション!

虚淵 「至高の音楽を作ろう!」と楽譜を書くよりも、自由に弾きまくってどんな音が聞こえてくるか、のほうが僕としては楽しいんです。


『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』より

相手の「やりたいこと」を掘り下げる重要性

— 前編で『PSYCHO-PASS サイコパス』での共同脚本について聞いた時にも、そうした話をされていましたね。最近新たに仕事をした『楽園追放』の水島精二監督とのセッションはいかがでしたか?

楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]
楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]

虚淵 すごく包容力のある方。僕にリードさせてくれたのは嬉しかったですね。先に弾かせて、あとから見事に支えてくれた。包容力と老練さというか、ベテランならではのテクニックですよね。出来上がったものは明らかに水島さんの映画になっていて、「巧みだなー」と思いました。

— どういう人と仕事がしやすいですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
消費」されない物語をつくりたい—虚淵玄インタビュー

虚淵玄

『魔法少女まどか☆マギカ』『仮面ライダー鎧武』など、アニメから実写まで幅広いジャンルで活躍する脚本家・虚淵玄(ニトロプラス)さん。脚本・原案を担当するアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』は、人間の心理状態を計測し、犯罪...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

roki0211 面白かった 3年以上前 replyretweetfavorite

k_sato_oo "「相手の宝物を見つけられる」のは、けっこう使えるスキル。そもそも相手が気づいていない宝物だったらなおさらです" 3年以上前 replyretweetfavorite

RIME3726 ”さらに言うならば、「人のやりたいことを見抜く訓練」も大事になっていきます。「相手の宝物を見つけられる」のは、けっこう使えるスキル。そもそも相手が気づいていない宝物だったらなおさらです。” https://t.co/Rne99HcBYH 3年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 3年以上前 replyretweetfavorite