第7回 「女らしさ」は何を意味する?【哲学者とAV監督の対話 ④】

恋愛とセックスについてAV監督が哲学する、連載『キモい男、ウザい女。』の特別篇。12月1日に発売の著書『すべてはモテるためである』(イースト・プレス/文庫ぎんが堂)に際して行われた、『暇と退屈の倫理学』((朝日出版社)の著者である國分功一郎さんとの対談・第4回目。日頃何気なく使っている「男らしい」「女らしい」という言葉ですが、その本質、考えてみたことはありますか?

「生き方」の選択肢は、もっとたくさんあってもいいのではないか

國分 やっぱり、いまの日本では、社会から提示されている「生き方のモデル」の数が中途半端な気がするんですよね。「お前はこう生きろ」というのを《教えられる》のは、ある意味ラクだし、それが本当に《いろんな可能性》を教えてくれるならいいんだけど、とても限定されている。女性として「いい」のはこういう生き方、男というのは「こういう生き方が良い」という選択肢を半端な数で与えられていて、現代人は、それに非常に翻弄されているんですね。

二村 前回、性文化のお話で國分さんは「欧米の社会は男性に対して《男らしくあれ》という圧が強く、日本の方がセックスのタブーが少ない」と言われました。そういうお話を聞くと、僕は「だからこそ現代の日本の社会は、女性たちにとって、そうとうキツいな……」と思います。

國分 女性よりも男性のほうが生きやすい……、ということでしょうか?

二村 欲望が薄いような顔をして【草食系男子】として生きることもできれば、責任を取らないで形だけ【男として】いばって生きることもできる、なんなら昼間は普通に暮らしながら夜だけ女装することも可能だという《男の性的な多様性》が、女性に比べたら遥かに許されているのが現代の日本だと思う。男の方が、なんだかんだいっても「守られて」いるんです。

國分 なるほど。

二村 と、そういうことを言ってると女性の味方みたいですが、僕自身が女性を苦しめまくって生きていて、今も恋愛に関しては正直「おたがいさま」だとも思っている。だから安易に「苦しい女性は、こうすればいい」「こう考えればラクになるよ」とは言えません。「おまえ、どの口で、そういうこと言うんだ」って話ですから。言えないんですが、それでもやっぱり言いたいこと、僕自身が女性を苦しめてきた経験上で言えることがあります。

國分 女性経験が豊富で、さまざまな女性と相対してきた二村さんだからこそ言えること……、ですね(笑)。では女性たちは、どんな生き方を押しつけられていると思われますか?

二村 自意識をこじらせた女性たちの多くが「いつまでも【女】でありたい、女として《愛される恋愛》がしたい」という欲求や「けれど【女らしく】ふるまうことができない自分は《愛される》資格がない……」という劣等感・罪悪感に囚われています。恋愛にコンプレックスを持つ女性もいれば、女磨きをがんばりすぎる女性も少なくない。でも、それは【女であろうとすること】と【女らしくふるまうこと】を混同しちゃっている。というか《消費社会・恋愛市場社会の中だけで通用する言葉》に慣れさせられてしまっているからじゃないでしょうか。

國分 前回、僕が言っていた、ヨーロッパ社会における「男らしさ」「大人らしさ」の話と通じるところがありますね。社会からの抑圧によって、その人の《性別への意識》が形作られていくという……。

「女であろうとすること」と「女らしくすること」は全然違う

二村 僕は、女性が【女であろうとすること】と【女らしくすること】は、じつは、まったく逆なことだと思うんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ha_na_bi_ 「らしさ」の復権をすごく分かりやすく言ってくれてる。こういうのをこそ、保守派が言語化すべなんだけどな…。:「女らしさ」は何を意味する?【哲学者とAV監督の対話 ④】| 4年以上前 replyretweetfavorite

k40r1 --【女らしさ】と【女であろう】とすることは違う。すごく面白い対談。 4年以上前 replyretweetfavorite

yhokazon 「良いとは、活動能力が上がることで、悪いとはそれが低下することだ」。要は「自分がどうなりたい」ということが重要なんじゃなくて、「君の活動能力が上がればいい」。---cakesの國分功一郎さん二村ヒトシさん対談より。スピノザの言葉。https://t.co/YBxdqPVXd9 4年以上前 replyretweetfavorite

AkrYmst Cakesにおける二村ヒトシの安定感。【男・女らしくする】と【男・女であろうとする】は違う、に納得した。 5年以上前 replyretweetfavorite