三谷宏治 Vol 2. SFは根源的な問いに、本質的な答えを出す

ベストセラー『経営戦略全史』『ビジネスモデル全史』の著者、三谷宏治さんの本棚を見せていただくと、そこにはたくさんのSF本がありました。小・中・高校生の頃は、ほとんどSFと科学系の本しか読んでいなかったという三谷さん。「SFなんて将来の役には立たないなぁ」と子どもの頃は思っていたそうなのですが、いざ社会人になり、経営戦略コンサルタントになってみると、SFを読むことの意外な効用に気づいたといいます。

あいさつで相手を食べる異星人に出会ったら?

— 本棚を見せていただいて、SFの本が多い印象を受けました。

海外SFその1

海外SFその2

三谷宏治(以下、三谷) 小・中・高校生のころは、ほぼSFしか読んでなかったですからね。あ、科学系の本も読んでたかな。それらを合わせたら全体の8割くらいになったと思います。

— それは、かなり偏っていらっしゃる(笑)。なぜ、そういう本を読むのが好きだったのでしょう。

三谷 理由はよくわかりません。純粋に好きだったんだと思います。読むと世界が広がる感じが楽しかった。読んで「宇宙の年齢」を知るとするじゃないですか。当時は160億年と書かれていて、今は絞りこまれて約137億年と言われています。そういうことを知ると、やっぱり誰かにしゃべりたくなるんです。それで、母親に「ねえねえ、知ってる? 宇宙の年齢って160億歳なんだよ」とか言うわけです。

— いきなり(笑)。

三谷 母親はまったくそういうことに興味がない人でした。でも、ちゃんと毎回「そうなんだ、すごいね。また教えてね」って言ってくれたんです。だから、また翌日、「ねえねえ、知ってる? 恐竜ってさ……」と話しかける。その無限ループみたいになってましたね(笑)。

— それはすごくいいですね。

三谷 でもね、SFを読み続けて、中学生になったときに思ったんです。「ああ、こんなの、大人になったら何の役にも立たないんだろうな」って。

— そんな(笑)。

三谷 だって、荒唐無稽な話ばかりなんですよ。宇宙を支配するとか、ワープ(光の速度を超えて移動)するとか、時間の壁を超えるとか。そんな簡単に超えられるわけないじゃないですか(笑)。でも、逆に、大人になってから、自分の発想の源はSFにあると再確認しました。

— SFが、ですか!?

三谷 名作といわれるSFは、最も根源的な問いに対して、本質的な解を提示するという構成になっています。例えば、『未知との遭遇』は、ファーストコンタクトものと言われる、いわゆる「異星人」との出会いを描いているわけですよね。ファーストコンタクトもののSFってたくさんあるんです。それは何を根源的なテーマにしているのかというと、「コミュニケーションとは何か」ということなんですよ。

— なるほど。

三谷 地球上でのコミュニケーションギャップなんて、たかが知れています。特に人間同士だったら。星新一さんのショートショートではありそうですけど、いきなりあいさつで相手を食べる、とかないですよね(笑)。でも、異星人はそうはいかない。あいさつで相手を食べる異星人と会った時、さあ、あなたはどうしますか。そのあいさつを断れば、宇宙戦争が起きるんです。

— ええと……どうしましょう(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

best_langlands @shell2647 https://t.co/Ae14Drb5xN 元上司で仕事的にも人格者的にも一番尊敬してるので手を出そう手をだそうとしているのですが、ブレードランナーすら書籍も映画も見られてませんw 私はアイドルヲタクですねw 3年弱前 replyretweetfavorite

mitani3 そうなんです。日本人経営者にも意外と。 6年弱前 replyretweetfavorite

rhiroko ――海外の企業経営者にもSFファンは多いですよね。 6年弱前 replyretweetfavorite