ケイクス通信

cakesベスト10/直木賞候補/猪瀬直樹/西加奈子/専業主婦と独身男子|週刊ケイクス通信12/29

先週(12/22〜12/28)の更新記事をまとめてご紹介! 見逃したかもしれないあの記事を、まとめてチェックしてみてください。あとで読もうと思った記事は「お気に入り機能」を、読み逃したくない連載は連載の「フォロー機能」を使うと便利ですよ!

編集部のつぶやき

音楽連載「心のベストテン」の年末スペシャルが前後編で公開ですー! ことしもいい曲いっぱいリリースされました。来年もいい曲に出逢えますように。「cakes年末まとめ」も更新中! 来年もいい記事だせるようがんばるます。みなみなさま、よいお年を\(^o^)/(N)

告知ばっかりですみません! 『すべてのニュースは賞味期限切れである』が書籍化されました! それを記念して弊社代表・加藤を入れて販促会議を行いました。また、ビッグゲストを交えた座談会も収録済みです。それと本日12月29日夜8時から下北沢B&Bで刊行記念イベントです。ぜひ!(D)

冬コミ行きました。ちょうど「賞味期限切れニュース」の特別編が上がっていましたが、同人誌でも、読者の感想をTwitterでRTしたり本の内容を事前ツイートすると、売れ行きが全然違う。大量の同人誌を堪能……いや分析して、来年にそなえたいと思います。みなさまも良いお年を!(R)

以前、取材と称した男性ファッション誌主催の座談会に参加したことがあります。集まったのは皆かわいくてキラキラしたかわいい女の子たちばかり。10分前まで富士でそばをすすっていた私が来る場所じゃない……と居所のなさを感じました。そんな私は、こちらの漫画に共感するたびダメージを受けています。(インターンK)

新しい本や音楽に出会いたいとき、自分が好きな作家さんやアーティストの趣向を知って、それを好きになっていくというミーハーな方式を使うことが多いです。今回、1巻をとても楽しく読ませていただいた『スティーブス』の作者であるうめさんのおすすめの本や漫画がずらり。年末の時間を使って読もうと思います!(インターンK・S)

ピックアップ

2014年、cakesでもっとも読まれた記事は? ランキングベスト10発表!

cakes人気記事!年末総まとめ

cakes編集部

2014年もいよいよあとわずか。今年もカルチャーからビジネスまでさまざまな記事をお届けしてきたcakes、お楽しみいただけたでしょうか? cakes編集部では、2014年にどんな記事が読まれたのかを集計。上半期・下半期のベスト10を発表いたします。そして、本日から1/5(月)までcakesの記事が1週間無料で読み放題となるキャンペーンも実施! 無料記事を読んでいて物足りなかった方も、気になる記事がいろいろたまってきた方も、ぜひこの機会にいかがでしょうか?

第152回の直木賞ノミネート作品の抄録を掲載します!

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

『第152回直木三十五賞』の候補作品が発表されました。cakesでは、作品の抄録(一部抜粋)を連日更新! 物語の匂いにピンときたら、受賞が決まる前に、ぜひあなただけの傑作を選びとってみてください。

猪瀬直樹【前編】猪瀬直樹が初めて書いた「セカチュー」?

書いた人に聞いてみた。

cakes編集部

作家・猪瀬直樹さん。1983年に『天皇の影法師』でデビューし、新しいノンフィクションの書き手として活躍し、『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど高く評価されてきました。その後、小泉純一郎内閣での道路公団民営化推進委員会、石原慎太郎都政での副都知事などを経て、2012年に東京都知事に。今回猪瀬さんが書いたのは、都知事としてオリンピックの東京招致活動をしていた中亡くした、妻・ゆり子さんのこと。作家として「他者」を観察し続けてきた猪瀬さんが初めて書いたご自身の話、初めての「ラブ・ストーリー」です。

西加奈子【前編】小説を書くことは自分で自分を変えていく作業

書いた人に聞いてみた。

cakes編集部

数々のベストセラーを生み出してきた作家の西加奈子さんがデビュー10周年を迎えました。その節目に発売された『サラバ!』は上下巻で1100枚を超える大作。西さん自身が「作家としての10年をすべてつぎ込んだ」と語る本作は、ひとりの男の自叙伝の形を取りながら、この時代のすべてを掬い取ろうとしたとんでもない意欲作となりました。とにかく長いものを書くという試みが、どのようにしてこの小説へと発展していったのかをくわしく聞きました。

20代独身男子たちは「専業主婦」をどう考えてる?—独身男子座談会・前編

専業主婦になりたい女たち

白河桃子

若い女性のなかに“隠れ専業主婦願望”が広がっていると言います。ダンナの稼ぎだけでは食べていけなくなっていると知りながら、彼女たちはなぜ、キャリアを捨てようとするのか? 女性の社会進出が叫ばれる中、専業主婦のリアルから見えてくる“フツウの幸せ”の大きな代償を解き明かします。

【前編】レズビアンだって、レトルトカレーあっためて食う。

レズビアンと非レズビアン、あるいはリア充と喪女がお送りいたします。

牧村朝子 / 小池みき

cakesで「女と結婚した女だけど質問ある?」を連載されている牧村朝子さん。牧村さんとフランス人女性(通称「森ガ」)の同性婚にまつわるエピソードを、シェアハウスをともにした小池みきさんの視点で描いたコミックエッセイ『同居人の美少女がレズビアンだった件。』が、Tokyo SuperStar Awards2014・カルチャー賞を受賞しました。今回は受賞を記念しておふたりの特別対談を掲載! コミックエッセイのもとになったブログでのマンガ連載の経緯や、制作中の苦労などを、ざっくばらんに話していただきました。

「めんどくさいジャンキー」がつくる作品の魅力とは?

これからのクリエイティブ—PARTY NY川村真司インタビュー

川村真司

広告からミュージックビデオ、プロダクトにいたるまで、幅広い「モノづくり」をしているクリエイターの川村真司さん。いまはクリエイティブラボPARTYのニューヨークオフィスを立ち上げて、活動しています。日本に一時帰国した川村さんに、「これからのクリエイティブ」について聞きました。まずは、「めんどくさくないと、やった気がしない」と語る「めんどくさいジャンキー」の川村さんがつくってきた作品をずらっと紹介します。

【第1回】未来予測を嗤え!

未来予測を嗤え!

神永正博 / 小飼弾

12月10日に発売された「未来を予測することは可能か?」「ビッグデータの本当の意味」「人工知能の可能性」などといった現代科学の問いに対し、プログラマーにして人気の書評家・小飼弾さんと、気鋭の数学者・神永正博さんが語り尽くす対談書『未来予測を嗤え!』。本連載では書籍の内容の一部を紹介していきます。第1回は、本書の対談を構成した、山路達也さんに、本書の企画や狙いについて話を聞きました。

cakesでベストセラーを一気読み!おすすめ連載15選

cakes人気記事!年末総まとめ

cakes編集部

2014年も数多くのコンテンツを配信してきたcakes。実は連載のなかには、あのベストセラーの内容がまるまる読めてしまうものも……。2014年年末総まとめ第2弾は、書籍の内容が楽しめる15連載をご紹介します。 そして現在、cakesの記事が1週間無料で読み放題となるキャンペーンも実施中! 無料記事を読んでいて物足りなかった方も、気になる記事がいろいろたまってきた方も、ぜひこの機会にいかがでしょうか?

連載

chapter3-2 恋する遺伝子

ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋愛工学が解き明かす愛の物語

マイケル、ゲス乙女、きのこ帝国、BasementJaxx、テイラー……年間ベスト2014【前編】

心のベストテン

柴那典 / 大谷ノブ彦

「心のベストテン」第1位はどんな曲だった? 聴かせてDJ・O-T、S-V!

紅白にふさわしいのはMayJ.に決まってるじゃないか

ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

当たり前のようになったテレビに、ふとした瞬間感じる違和感。それってなんなのか、武田砂鉄があぶり出す!

人の人生を変える仕事

ワイングラスのむこう側

林伸次

バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。バーテンだけが知っているここだけの話。

俺は村でたった一人のゲイ

世界のどこでも生きられる

May_Roma

イギリス在住のMay_Romaさんが「日本に縛られない生き方」を語る国際派コラム。

「専業主婦の国・ニッポン」の実態に迫る—はじめに

専業主婦になりたい女たち

白河桃子

ダンナの稼ぎだけでは食べていけないと知りながら、彼女たちはなぜキャリアを捨てる?

【第108回】スキンシップは遊び人の証拠?

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

全国の迷える子羊に捧げるアメとムチ。恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが送る人生相談連載。

女医さんがモテない3つの理由

それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

毎日、人を切ってます。現役外科医が語る本音エッセイ

ゴダール、映画系女子、ポップ中毒者……年末年始に映画の本はいかが?

およそ120分の祝祭

伊藤聡

ブロガーの伊藤聡さんが、誰もが知っている映画の新しい楽しみ方や意外な発見を引き出します

サンタさん、信じてましたか?

女と結婚した女だけど質問ある?

牧村朝子

レズビアンである牧村朝子さんが、実体験や奥様とののろけ話をまじえながら「百合のリアル」を語ります!

そろそろ死ぬから、どういうふうに老いぼれて、ボけていくかを書こうかなと。

「創作の〝掟〟を打ち破る力」—筒井康隆インタビュー

筒井康隆

掟破りの小説家が記した『創作の極意と掟』、その心とは

『ジョゼと虎と魚たち』「死の幸福」の中で人はいかにして生きるのか

新しい「古典」を読む

finalvent

今だからこそ読むべき、色あせない名著とは。ブロガー・finalventさんによる新時代の教養入門。

放射能を気にしても、私たちは知らぬ間に日々福島のコメを食べている!

俗流フクシマ論批判

開沼博

社会学者・開沼博が、フクシマを通して現代日本が抱える病巣を浮かび上がらせる!

祝58万部突破!なぜアドラーの思想が絶大な支持を集めたのか?【岸見一郎×古賀史健対談 前編】

嫌われる勇気

古賀史健 / 岸見一郎

“嫌われる勇気”を持てば人生は楽しくなる! 哲人と青年の「アドラー心理学」を巡る問答連載。

今のままが一番

そういや私、女子だった!

ひぐちさとこ

女性のおしゃべりは無限ゲームであり、つながりの秘訣でもある

「人間を理解したい!」という欲望—石川善樹インタビュー

石川善樹

肉体と精神と社会と、健康にとって重要なのはどれ?

高倉健、小野田寛郎、やしきたかじん、大西巨人……2014年物故者を追悼する(前編)

一故人

近藤正高

童貞の後輩

妻しか女性を知りません

石原まこちん

『THE3名様』の石原まこちんが放つ、男心をえぐる新たな問題作!

ネガティブなつぶやきをする人の生存率は34%?

友だちの数で寿命はきまる—人との「つながり」が最高の健康法

石川善樹

今日から始められて、お金もかからない究極の健康法とは

ピンチョン・柴田元幸・メイスン&ディクスン

新・山形月報!

山形浩生

博覧強記の評論家・山形浩生が、古今東西の書物を斬って斬って斬りまくる!

いつのまにか取り残されたわたし。希望退職者に応募したきっかけ

キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

沙絵

キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている

複製品に宿るアイドル性……を見たかった慟哭の両国

なでksジャパンのアイドル桜梅桃李

二宮なゆみ / 竹中夏海 / 小口桃子 / 日笠麗奈 / 渡賀レイチェル

噂のドルオタ集団・なでksジャパンが、街にあるあらゆるものを「アイドル」にしていきます!

衝撃を受けた、食材の「本当の味」—佐々木俊尚(ITジャーナリスト)vol.2

肉食巡礼~いまそこにある、肉とごはんの謎

松浦達也

気になる「食」の人、「肉」の人に会って、肉料理をごちそうになる!

【特別企画】2014年のベストセラーを振り返りながら書籍の販促を考える

すべてのニュースは賞味期限切れである

速水健朗 / おぐらりゅうじ

祝・書籍化!とも言ってられないので、2014年のベストセラーから、どうすれば本が売れるのか会議!

首吊り死体の下に現れるいたって地味なお薬、人魄

申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

役にはぜんぜん立たないけれど、漢方文化の圧倒的おもしろさがここらへんにある。

元SIer派遣エンジニアが見た、「SIerあるある桃太郎」

note通信

cakes編集部

cakes編集部が毎週おすすめnoteをご紹介!

【第113話】新たなる決意

GENGO「ニートVSガンコ親父」編

石原まこちん

ジョニー大倉、大内順子、徳大寺有恒、赤瀬川原平……2014年物故者を追悼する(後編)

一故人

近藤正高

『こんにちはマイコン』で、世界は人の手でつくられたと知った —マンガ家・うめ(小沢高広)vol.2

プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

プロフェッショナルの思考やつくられ方を、本棚や読書遍歴から探る!|ホンシェルジュ

これだけ日本の色んなものが通用する巨大市場は他にない

アジア・シフトのすすめ

田村耕太郎

シンガポールに家族ごと移り住み見えた、アジアと日本のこれから

餃子とシャンパンのマリアージュをクリスマスに

フィットする晩餐

山本憲資

仕事や遊びやデートなど、シチュエーションに応じた最適なレストランをご紹介!

忘年会シーズンは王様ゲームキャバクラで男祭り!

俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班

博多大吉/童貞女子/若き奇才/外科医の本音/肉食巡礼/51人シェアハウス|週刊ケイクス通信12/22

ケイクス通信

cakes編集部

1週間の更新記事を一挙にご紹介!

すべらない蟹座伝説

超ヤンキー訳 すべらないギリシャ神話

柴崎竜人

実はとってもダメ~で人間くさいギリシャ神話を、ホメロスも驚きの超現代訳でお届けします。

私は何のために生きているのか?ペリドットを身につけその日を生きる

白木夏子が綴る12のジュエリーの物語

白木夏子

8月ペリドット|強く深い意味のある石

震災だけのせいじゃない! 福島の農業は日本の農業全体の問題である

俗流フクシマ論批判

開沼博

社会学者・開沼博が、フクシマを通して現代日本が抱える病巣を浮かび上がらせる!

「かつて、わたしは信じていた」ハイネ

新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 / 久保田沙耶

大島真寿美『あなたの本当の人生は』抄録

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

大衆文芸の中でもっとも優秀な作品に贈られる直木賞の候補5作品を発表!

【iPhone】キャッシュを残さずにネットをする方法(アイフォン)

あんどろっぷ

あんどろっぷ

お気に入りのカメラ—広島編2【第17回】

彼女写真 in 広島2

青山裕企 / 美少女図鑑

【番外編】2014年のタモリ

タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

【後編】書くと読むは、とても強く繋がっている

公開講座「二次創作(パスティーシュ)小説の魅力と創作の手法」

中島京子

日本人の生活を読み解く—業界・社会構造の変化をビジュアライゼーションで読む【後編】

図解と数字で説得する! データプレゼンテーションの教科書

日経ビッグデータ編集部

日本人の生活を読み解く—業界・社会構造の変化をビジュアライゼーションで読む【後編】

青山文平『鬼はもとより』抄録

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

大衆文芸の中でもっとも優秀な作品に贈られる直木賞の候補5作品を発表!

分業制でも、魂のこもったおもしろいマンガはつくれる —マンガ家・うめ(小沢高広)vol.3

プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

プロフェッショナルの考え方やつくられ方を、本棚や読書遍歴から探る!

「文章力は、伝達力の基本」【第9回】あなたの文章がまとまらない理由

木暮太一の「経済の仕組み」

木暮太一

ビジネス書で知られる著者が、なんとなく分かったつもりでいる「経済の仕組み」を懇切丁寧に解説!

ひと休み—広島編2【第16回】

彼女写真 in 広島2

青山裕企 / 美少女図鑑

今年の干支の「午」を巨乳美少女に擬人化してみた

黒田勇樹動画批評

黒田勇樹

元俳優・現ハイバーメディアフリーターの黒田勇樹さんが、ネットの海に埋もれたマイナー動画をご紹介。

「ウクレレゆうこさん」 第八十話

ウクレレゆうこさん

青木俊直

全寮制のハワイアンスクールを舞台に、ウクレレ少女・ゆうこが伝説のウクレレとたどる数奇な運命とは?

西加奈子 『サラバ!』抄録

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

大衆文芸の中でもっとも優秀な作品に贈られる直木賞の候補5作品を発表!

満たされたよ—広島編2【第25回】

彼女写真 in 広島2

青山裕企 / 美少女図鑑

電脳なをさん VOL.919 世相風刺漫画

電脳なをさん

唐沢なをき

スマートフォンの充電時間をできるだけ短くする方法6選!(スマホ)

あんどろっぷ

あんどろっぷ

ルビーのように赤く染まる空と山々を見ながら、パキスタンの地で学んだこと

白木夏子が綴る12のジュエリーの物語

白木夏子

7月ルビー|カットや研磨をする人の心をも運ぶ宝石

木下昌輝『宇喜多の捨て嫁』抄録

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

大衆文芸の中でもっとも優秀な作品に贈られる直木賞の候補5作品を発表!

重量599グラムのフルHD13.3インチポータブル液晶 On-Lap1303H

今週のベストバイ

週刊アスキー

週刊アスキー 1/6-13号の“ベストバイ”『On-Lap1303H』のレビューが読める!!

万城目学『悟浄出立』抄録

第一五二回 直木賞候補作 抄録

cakes編集部

大衆文芸の中でもっとも優秀な作品に贈られる直木賞の候補5作品を発表!

新しい桃太郎のおはなし—『パスティス』中島京子より

公開講座「二次創作(パスティーシュ)小説の魅力と創作の手法」

中島京子

小腹が空いたから—広島編2【第24回】

彼女写真 in 広島2

青山裕企 / 美少女図鑑

M・2の高速SSDを採用したお買い得2in1 PC m-Tab MT-iPE1100WN-128G

今週のベストバイ

週刊アスキー

週刊アスキー 1/6-13号『m-Tab MT-iPE1100WN-128G』のレビューが読める!!

食べ過ぎ?—広島編2【第26回】

彼女写真 in 広島2

青山裕企 / 美少女図鑑

年末年始に冒険したい! キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜』展

どこより早い展覧会案内—アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

アート鑑賞のプロが最新の展覧会をレビュー! アートをもっと気軽に楽しむための入門連載です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません