母親怒鳴り込み事件

いつの時代もモンスターペアレンツは存在するもの。堀江貴文さんの設立した会社が、まだ上場前のベンチャー企業だったころには、なんとアルバイトの母親が社内に怒鳴りこみにきたそうで……。堀江貴文さんが自身の激動の半生を記した『我が闘争』(幻冬舎)、cakesではその内容の一部を特別公開いたします。

「こんな会社に入れるために、ウチの子は東大に入ったわけじゃない!」

「バックレ事件」の後は「母親怒鳴り込み事件」である。

 そのバイト君はなかなか優秀な男だった。灘中高出身の東大生で、僕が東大の学生課に頼んで掲示板に貼ってもらった求人を見てやってきた。

 オン・ザ・エッヂに入る前からパソコン好きではあったようだが、プログラムやHTMLはまったくできなかった。しかし仕事を通じてものすごい勢いで吸収していく。

「君がうちに入ってくれたら、あと1億は売り上げが立つね」

 僕は期待を込めてそんな言葉をかけた記憶がある。

 彼もますますやる気になったのか、大学に行かずに朝から晩までずっと会社に籠って仕事を続けている。時給も最初の1000円からどんどん急上昇。すべては順調のように見えた。

 しかし僕の言葉を素直に受け取った彼は、親に対して「大学を辞めて働く」と宣言していたようなのだ。そして、どうなったかというと……。

 母親が会社に怒鳴り込んで来たのだ。

「こんな会社に入れるために、ウチの子は東大に入ったわけじゃない!」

 まさに「キーッ!」といったテンションでいきなり叫び出すのだから、これには面食らった。あまりにも驚いた僕は、まともに言葉を返すことができず、他のスタッフがなんとか母親をなだめてお引き取り頂いた。

 僕は「働いてほしい」とアピールはした。しかし大学を休んでほしい、ましてや辞めてほしいと言った覚えはない。あくまで彼が自主的にそうして、仕事に打ち込んでいただけの話だ。

 しかしこの事件で意気消沈してしまった彼は、ほどなくしてオン・ザ・エッヂを辞めてしまった。もし彼がそのまま残っていたら、会社は上場もしたのでなかなか面白い人生にはなっただろう。

 母親の言った「こんな会社」の意味は分かるが、じゃあどんな会社だったらいいというのか。所謂、名の知れた大企業とやらに就職すれば一生が安泰というおめでたい考えの持ち主なのであろう。自分の古い価値観を子どもに押し付けてくるなんて最悪だ。このバイト君も可哀想なものだ。

 彼は本当に残念な例だったが、同じように優秀な人材が見つけられることもあったので、その頃からはバイトを引っ張ってきては能力を品定めし、将来性がある場合は大学卒業を待たずして社員登用するというやり方をしていた。

 当時のITベンチャーではこれと似たようなことをしている会社が多くあり、たとえばドワンゴの川上量生氏もニコニコ動画の運営長を同じような方法で引っ張り上げたと聞く。

 人材の登用や育成については様々な考え方があるが、現在のニコ動の隆盛を見れば、それが正しかったのか否かは分かるだろう。

 オン・ザ・エッヂにも、学生バイトから社員に成り上がって、ものすごい活躍をした宮川君という人物がいる。彼はライブドア時代にトッププログラマーとして業界に名を馳せるまでの存在になったのだ。

 宮川君は東大を中退してオン・ザ・エッヂに入社した。

 しかし、宮川君の母親から怒鳴り込まれたことは、もちろん一度もない。

株式会社にするための裏技

 97年7月、創業からわずか1年4カ月で有限会社オン・ザ・エッヂは株式会社に改組する。

「社長、これだけ売り上げが伸びてるんだったら、株式にした方がいいですよ」

 税理士の宮内氏が、いかにも簡単なことのように提案してくる。

「でも株式って資本金1000万円以上必要(当時)でしょ?」

 会社はもちろん儲かっていて、内部留保は起業時に彼女の父親から借りたお金を返しても、さらにもう何百万円かは残るような状態だった。しかし1000万には及ばない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくはいつも闘ってきた—堀江貴文自叙伝

堀江貴文

23歳で起業してから寸暇を惜しんで働き、さまざまな事業をたちあげてきた堀江貴文さん。しかし、2006年1月に逮捕され、2011年6月からの約1年9ヶ月を刑務所で過ごすことになります。自分の好きなことを自由にできなくなったその期間に、堀...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamakakechan “@pochakawanon: 。” #後で見る 5年以上前 replyretweetfavorite

pochakawanon あの頃がむしゃらに働いた人達がいるから、今のネット環境があるんだな、きっと。 5年以上前 replyretweetfavorite

okataku321 やっぱりおもしろい。今読んでる本を読み終えたら読もう!! 5年以上前 replyretweetfavorite

staff_takapon 更新されてます! 5年以上前 replyretweetfavorite