もがきながら作った最初の会社

東大在学中の23歳で会社設立を決心した堀江貴文さん。どうやら会社を作ってすぐに仕事はもらえそうだ……しかし金がない。さて、創業資金をどのように手に入れたのでしょうか? 初の自叙伝『我が闘争』(幻冬舎)、その内容の一部をcakesで特別公開いたします。

見よう見まねの事業計画書

 一人で起業しようとは思っていなかった。

 オラクルの仕事を一緒にした田中さん、ライターの岡田君と3人で、「一緒に会社をやろうか」という話になっていた。オラクルの仕事が首尾よく終えられたこともあって、きっとそうなるのだろうと考えていた。

 しかし二人はなかなか具体的な行動に出ない。僕はだんだんイライラしはじめる。

 会社を起こすことは決まった。インターネットがビジネスになることは分かっているし、仕事ももらえそうだ。そうしたら1日も早く会社を作った方がいいに決まっている。遅れれば遅れるほどビジネスチャンスを逃すことになると肌で感じていた。

 僕はとりあえず一人で動くことにした。

 やる気が漲っている僕の前に、まず最初に立ちはだかった問題。それは、どうやって会社を作るのか分からないということ。

 今だったらネットで検索すれば、丁寧な説明がいくらでも転がっているのだが、まだそんな時代ではない。身の回りに会社を作った経験がある人もいなかった。

 しかし分からないことが、やらない理由にはならない。フィクスで新しい仕事を受ける時も同じだった。一度も触ったことのないソフト、知らないプログラム言語を使わなければいけないからといって、その仕事をできないと言うわけにはいかない。「できますよ!」と明るく言い放って、後から必死で猛勉強すればなんとかなるものなのだ。

 僕はまず書店に行って、簡単そうな「会社の作り方」という本を何冊か買って、読み始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくはいつも闘ってきた—堀江貴文自叙伝

堀江貴文

23歳で起業してから寸暇を惜しんで働き、さまざまな事業をたちあげてきた堀江貴文さん。しかし、2006年1月に逮捕され、2011年6月からの約1年9ヶ月を刑務所で過ごすことになります。自分の好きなことを自由にできなくなったその期間に、堀...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_cronos https://t.co/D8Z9BdStBk  あーなんか思い出すわ・・。 約3年前 replyretweetfavorite

kotatti1418 自叙伝「わが闘争」か 4年弱前 replyretweetfavorite

seekroid これも興味深い。「もがきながら」というのが共感できるんだ。自分もそうだったから。 4年弱前 replyretweetfavorite

suzumasakaikei |ぼくはいつも闘ってきたー堀江さんの新作が少し読めます! 面白そうな内容です。ー堀江貴文自叙伝|堀江貴文 @takapon_jp |cakes(ケイクス) https://t.co/d5oqRMZjKi 4年弱前 replyretweetfavorite