かんたん、カラッと、一口サイズのたらのコロッケ[第7回]

ケイクス第2・4金曜日のお楽しみ! 一週間の疲れをぶっ飛ばす最高のお酒とつまみを紹介いたします! 今回は今みたいなさむーい時期にピッタリの、こんがり揚がったほくほくコロッケ。しかもただのコロッケじゃありません。ポルトガル料理を元に、たらを使った簡単レシピ。今日のお酒のお供はこれで決まりです!

みなさん、お疲れさまです!
あっという間に12月も半ばですね。
1年の締めのこの時期、
きっとみなさんもエンジン全開でお仕事かと思います。

ただでさえ忙しいうえに夜は忘年会も入っていて、
なかなか仕事が進まない、
なーんてこともよくありますね。
「忙しいのに飲み会なんて、ホント迷惑なんですけど」
とかつぶやきたくなる、
若手~中堅社会人の方もいるかもしれません。

私もかつて会社員だった頃、
気合を入れて残業をしなきゃいけない、ってときに限って
部署内全員強制参加の忘年会などがあって不満プリプリ、
その勢いでお酒をゴクゴク飲んで、
結局次の日は見事に二日酔いという
絵に描いたような自業自得の経験もありました。
……若気のいたりでした。

はっ、どうでもいい話!
忙しい12月の苦い思い出のせいで
話がちょっとそれました。

つまり、12月は残業や外飲みが続くことが多いから、
せめて週末は好きな酒とつまみでのんびり過ごしたり、
気の合う仲間や家族と気楽に飲みたいですよね、
と言いたかったのです。

そんなのんびりしたい週末におすすめなのが、
コロンとかわいいひと口サイズの
「たらのコロッケ」です。

これ、外はカリカリ、中はふんわり。
たらのうまみとイタリアンパセリのすっきりした香りが楽しい
ひと口サイズのコロッケです。
小さいから、ひとりで4~5個はいけちゃいますよ。

あれ、前回もたら使ってなかった?
そう思ったあなたはするどい! 
そうです、
今回もたらが主役です。

寒いこの季節、
なんたってたらはおいしいんです。
旬でたくさん取れるからこそ値段も安いし、
骨も少なく扱いも簡単、
だから、家飲みつまみの素材に欠かせません。
ラブ、たら!
ビバ、たら!
たらちり鍋以外でも、もっとたらを食べよう!

これはポルトガルのおつまみ
「pstais de bacalhau(パシュテイシュ・ドゥ・バカリャウ)」
簡単にアレンジしたものです。
ポルトガルでは干しだら(バカリャウ)を使って作るのですが、
私は手に入りやすい甘塩のたらで作ります。

しかもこのコロッケ、
卵にくぐらせたりパン粉をつけるといった必要が一切ナシ。
ポテトサラダのように具を混ぜ合わせたら、
スプーンでツミレを鍋に入れる感じでポンポン油に入れて揚げられる、
衣レスなコロッケなのです。
油少なめでもカラリと揚がるから片付けもラク。
揚げたてをその場でハフハフできるのも、
家飲みならではの楽しみですよね。

では、早速つくっていきましょう。
材料はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ohta_tomoaki とりあえずビールだな→ 2年以上前 replyretweetfavorite

beer_can_jp 家飲みとコロッケ→ 2年以上前 replyretweetfavorite