心のベストテン

坂本慎太郎、銀杏、サム・スミス、キュウソ、くるり……年間ベスト2014【後編】

2014年のベスト5、2人併せて心のベストテンを発表! 後編は「アルバムのテーマは『人類が滅亡した後に常磐ハワイアンセンターで流れてるような音楽』」「報われない恋を歌う王道のソウルシンガー」「『今の日本とは何か?』という問いに答えてる」などなど、今の時代を体現する曲たちが登場します。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典(しば・とものり)さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

柴那典(以下、柴) じゃあ、前回に続いてそれぞれの「2014年のベスト5曲」を挙げていきましょう。まずは僕の3位。坂本慎太郎「あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団」。

柴那典の第3位
→ 坂本慎太郎「あなたもロボットになれる feat.かもめ少年少女合唱団」

大谷ノブ彦(以下、大谷) これを3位に挙げたというのは?

 これはもう、突き抜けてますからね。この連載ではフェスで一体感を持って盛り上がるみたいなダンスロックもたくさん取り上げましたけど、そういうノリとは真逆。でも、すごく風刺が効いている。ちょっと聴いたら脳天気なポップソングなんです。でも、よく聴くと、むしろ安易な一体感というものって、実はとても危ういものなんじゃないか?みたいな問題提起が奥のほうにある。
 しかもこのバージョンがすごいんです。もともとは今年に出た『ナマで踊ろう』というアルバムで元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんが歌っている曲なんですけど、それを「かもめ児童合唱団」っていう子供たちに歌わせている。

大谷 すげえな、このビデオも。

 もともとアルバムのテーマが「人類が滅亡した後に常磐ハワイアンセンターで流れてるような音楽」というもので。この曲も「ロボットになれば不安や虚無から解放される」っていう不穏すぎる歌詞を子供たちに歌わせている。

大谷 ははははは!

 これまで批評精神を持った音楽を、ここまでポップで禍々しい形で表現してるのは他になかなかないと思います。

大谷 でも、それは銀杏BOYZの峯田くんも同じようなこと言ってましたよね。僕の2位が銀杏BOYZ「ぽあだむ」なんですけれど。

大谷ノブ彦の第2位
→銀杏BOYZ「ぽあだむ」

 彼らは今年に『光のなかに立っていてね』という9年ぶりのアルバムを出しましたね。

光のなかに立っていてね *通常仕様
光のなかに立っていてね *通常仕様

大谷 これが本当に最高だった。何がいいって、「ぽあだむ」って、すごくポップな曲じゃないですか。でも、音だけ聴くと荒々しくてうるさいんですよ。

 そうですね。アルバムでも、ノイズが大きくフィーチャーされている。

大谷 最後の「僕たちは世界を変えることはできない」なんて、スーパーでかかってるJ-POPみたいなチープな音なんです。「I DON'T WANNA DIE FOREVER」だってジュリアナとかバブル時代のディスコみたいな感じだし。峯田くん自身、ゲームセンターやパチンコ屋で鳴っているようなイメージで作ったって言っている。つまりは日常生活で聴こえてくる音がそういう音だ、ということなんです。

 ノイズ・ミュージックがやりたかったわけじゃなくて、それを通して峯田くんが感じた今の時代を表しているんですよね。

大谷 そう。話は飛ぶけど、僕、世界で一番好きなバンドって、bloodthirsty butchersなんです。
 あのバンドも轟音だし、それに、言い方は悪いけれど、か細い声で、歌も下手じゃないですか。でも、前に「爆音の中で懸命に歌ってるのを聴くと、まるで生まれたての赤ちゃんが声を振り絞ってるみたいで、思わず泣いちゃうんだよね」と言ってた人がいて。なるほど、そういうことだって思ったんです。つまりノイズって、あくまで僕らの日常生活とか、感情のあり方を表しているもので。だからこそ伝わってくる。

 まさにそうですよね。そして峯田くんも、チープな音とノイズを通して今の日本のキラキラ感と騒がしさの両方を象徴している。

大谷 現代社会もそうだし、僕らの心のあり方自体もそうですからね。そういう曲が刺さるんですよ。

 では続いて、僕の2位。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HatebuMusic 2014年のベスト5、2人併せて心のベストテンを発表! 後編は「アルバムのテーマは『人類が滅… 約5年前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri くるりと銀杏BOYZと 約5年前 replyretweetfavorite

hiramee 「ただギターを弾いていい曲作って、それでいいと思ってる旧式型のロックンロールを聴いても、響かなくなってきてる。」 ほんまそれ。ただしキュウソは大嫌い。 https://t.co/Qj53NdERxe 約5年前 replyretweetfavorite

ese19731107 「でも、ただギターを弾いていい曲作って、それでいいと思ってる旧式型のロックンロールを聴いても、響かなくなってきてる」→年間ベスト2014【後編】| 約5年前 replyretweetfavorite