イノベーションのための空間・AKB48・リスク科学

今回の山形さんの書評連載では、スコット・ドーリー&スコット・ウィットフト『メイク・スペース』(阪急コミュニケーションズ)、エリック・エイブラハムソン、デイヴィッド・H・フリードマン『だらしない人ほどうまくいく』(文藝春秋)、アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)、R・A・ラファティ『昔には帰れない』(ハヤカワ文庫)、濱野智史『前田敦子はキリストを超えた』(ちくま新書)、中西準子『リスクと向きあう』(中央公論新社)がどどっと論じられています。それに加えて、ホドロフスキー監督の一風変わった映画『エル・トポ』も取り上げられていますよー。

皆様年末のお忙しい時期、お元気でしょうか。当方前号の記事を書き終えてから、ほとんど日本にいないので、日本でどんな本が出ているのかほとんど把握できていない! 11月末に日本から持ってきたものしか手元にないので、今回は前回に比べて短めなのでお許しを。

さて1冊目は、スコット・ドーリー&スコット・ウィットフト『メイク・スペース』(阪急コミュニケーションズ)。スタンフォード大学のデザイン研究所(本書内では「dスクール」)が、慎ましいスタートでろくな場所を与えられていなかった頃から、どんな形で空間構成を考え、その場のとっさのアイデアを記録してそれを中心に活動を組織し、人々の共同作業をはぐくむように考えていったかを記述したもの。

MAKE SPACE メイク・スペース スタンフォード大学dスクールが実践する創造性を最大化する「場」のつくり方
MAKE SPACE メイク・スペース スタンフォード大学dスクールが
実践する創造性を最大化する「場」のつくり方

ホワイトボードを間仕切りにも使うと同時にいろいろなものを書き留める場として、共同作業の核としても活用するとか、さらにはそのホワイトボードの壁や間仕切り自体を作るやり方等、自分たちの研究所の空間構築の手法から、それをさらに活用して学校やオフィス、家庭まで、集中と発散、活動と落ち着きをもたらす場の作り方など、あれこれまとめたのが本書。

挙げられている発想はおもしろそうだし、いかにも楽しげな空間ができているので、作業のあり方にあわせてその空間の質がうまく変えられているのには感心する。当然、図版もものすごく豊富でいい感じ。自分の働く空間がどうも無機質で味気なく、息苦しいと思っている人は、この本を読むといろいろ刺激されると同時に、うらやましく思えるはず。思いついて、実際に形にしてみて、という作業場所と会議場所、オフィス的な空間がシームレスにつながり、そのつながりを自在に変えられるという発想は魅力的。

その一方で……これはイノベーションの起きやすい空間設計、というコンセプトなんだけれど、本当にこういう場でならイノベーションが起きるのかというと……個人的にいろいろいい着想が思いついた場所というのは、飛行機の中だったり、退屈な会議での退屈さのなかでだったり。本書に挙げられている場所は、もちろんデザイナーもどきたちのプレゼンテーションでもあるので、非常にかっこよくスタイリッシュになっているんだけれど、実はそういう場所だからイノベーションが起きるとは言えないんじゃないか、という疑問は昔からある。イノベーションにつながりやすいクリエイティブな空間というのが本当にあるのか、それとも実際のイノベーションはむしろ、居心地の悪さの中からの苦肉の策として生まれるのか—そんなことも、この本を読んで考えてみてもらえればと思う。

ちなみに、この本の主張と一対一ではないけれど、空間を美しくきれいに能率的にとか、そういう発想に対するアンチテーゼとしては、少し前の本だけれどエリック・エイブラハムソン、デイヴィッド・H・フリードマン『だらしない人ほどうまくいく』(文藝春秋)をどうぞ。ぼくみたいなだらしない、身辺常にごちゃごちゃして整理のつかない人にはとってもうれしい一冊。片付けや整理にも手間暇かかってコストもかかるし、いいことない(場合も多い)という本。自分の怠惰を正当化してくれる本は常にうれしいもの。

クリエイティブな点では人後に落ちないのが、あの異様な映画『エル・トポ』の監督、アレハンドロ・ホドロフスキー。どう異様かというと……もぐらが太陽を求めて穴を掘り……いや拘束したがりの母親が……いや、まったく説明しようがないわけのわからない、でもすごい映画だったことしか覚えていないや。その監督の自伝『リアリティのダンス』(文遊社)は、本当にめちゃくちゃというかなんというか。カルトな映画監督だから、美術っぽい素養があるだろうとは思っていたけれど、小説も演劇も、役者も人形つかいも、タロット研究も、心理療法家までやっているという上記を逸したマルチぶり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

columbus20 〈そういう発想に対するアンチテーゼとしては、少し前の本だけれどエリック・エイブラハムソン、デイヴィッド・H・フリードマン『だらしない人ほどうまくいく』(文藝春秋)をどうぞ。〉山形浩生| 約5年前 replyretweetfavorite