【第32回】
エビデンスを探してみよう
—日本の失業対策を統計学的に考える

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人がその本当の面白さを知っているだろうか。この連載では、cakesという新しいプラットフォームに相応しい、最新かつ最も刺激的な統計学の世界を紹介したい。(毎週火・金更新)

 前回紹介した文献データベースに適切な検索文を入れれば、エビデンスを探すことができる。

 題材は何でもいいのだが、たとえばあなたが日本経済の問題の1つとして雇用対策をどう解決すればいいのかについて興味があったとしよう。失業やワーキングプアーといった雇用問題について、政治家やテレビのコメンテーターはしばしば「問題だ」と発言したり、「頑張った人が報われる社会を」といった抽象的なお題目を唱えるわけだが、果たして政府はどのような政策でこの問題を解決すればいいのだろうか。その答えをエビデンスから探ってみよう。

日本語文献を探してみよう

 先ほどのエビデンスのヒエラルキーに沿って、まず探すべきは系統的レビューの結果を探したい。
 試しにJ-STAGEから日本語の文献を探してみよう。検索すべきトピックは「雇用 政策」、それに加えて系統的レビューやメタアナリシスを示す単語である、「系統的レビュー」「システマティックレビュー」「システマチックレビュー」「メタアナリシス」「メタ解析」のいずれかを含む論文を実際に検索してみた。その結果得られた全文献のタイトルは次の表に示す通りである。

図表1 日本語文献の検索結果①

 タイトルだけ見てもわかるように、この中にはまったく雇用関係の政策を系統的にレビューしましたという研究はない。

 では次のエビデンスレベルであるランダム化比較実験ではどうだろう? ランダム化という言葉を使えばおそらくこうした研究が見つかるはずである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
統計学が最強の学問である

西内啓

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

netalius69 #neta #学び |統計学が最強の学問である|西内啓|cakes(ケイクス): あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで 3年以上前 replyretweetfavorite

kantoku_kun 「もし万一自分の仕事の失敗によって誰かの命が失われたとき、自分が許される可能性があるとすれば、「全力を尽くし続けること」だけだと思っていたらしい。」医療従事者なら考えることなのかな。聞いてみたいけど、肯定されても辛いから聞けない。 http://t.co/4GYhlatP7M 5年以上前 replyretweetfavorite