ロボットの研究をしていると悟りが開ける!?— ロボットは人間を超えた vol.5

ロボットの学習機能のひとつで「ディープ・ラーニング」というものがあるのをご存知ですか? ビッグデータをもとに、大量の情報の中から要素を抽出して、正確な識別を行うというもの。経験が生み出すロボットの「心」とは? そして話は、「心とロボットとの関係性」と宗教の考え方の共通点へと広がります。

ロボットの「心」はひとつか?

— 先生は、ロボットにも「心」は生まれるという話をつねづねされています。ぼく、その心が、OSとハードウェアに分かれているのか、それとも、分かれていないのかが気になっているんです。

石黒 分かれていますね。ひとつにすることは、今の技術ではできない。人間の心は分かれていないんですよね。人間っていうのは、脳の中のソフトウェア的な情報処理が、時間が経つと、ハードウェアの構造—というか、脳のシナプスに影響を与えて、長期的な記憶が生まれたり、脳の構造そのものを変えたりしているんです。

— ハードウェアを発達させて、どうにかしてできないんですか?

石黒 そこまでのデバイスはまだつくれないですね。今のIC技術を使っている限りは難しそうな気がします。全体がプログラマブルなハードウェアを作ることができるなら、かなり人間の脳に近い構造を持たせることのできる可能性もあるんですけど、そこまで行くかどうかはまだちょっと微妙で……ただ、一つだけ。ディープ・ラーニングってご存知ですか?

— あまり詳しく知らないんですが、人工知能をプログラムするときのテクニックですよね。

石黒 少し前から画像処理や音声認識はパソコンでできるようになってきましたが、それがさらに発達してきていて。今、音声認識がものすごく精度がいいじゃないですか? これは、ディープ・ラーニングという非常に人間に近い処理をやっているからなんです。

ここで話されていることは、今後もこの連載で非常に重要になってくるキーワードなので、ちょっと詳しく説明しておきましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
“すこしふしぎ”な科学ルポ

海猫沢めろん

漫画家・藤子不二雄氏はかつて、SFを「すこし・ふしぎ」の略だと言いました。そして現在。臨機応変に受け答えするSiri、人間と互角以上の勝負を展開する将棋ソフト、歌うバーチャルアイドル初音ミク、若い女性にしか見えないヒューマノイド……世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hilbert_d 【はてブ新着学問】 約5年前 replyretweetfavorite

follow_bando B! https://t.co/p5TCwszyla 約5年前 replyretweetfavorite

miyaan2010 |海猫沢めろん @uminekozawa |cakes(ケイクス) 心には穴が空いていて、常に満たすことが難しい。興味深い。 https://t.co/0L9qFLTcEj 約5年前 replyretweetfavorite

kisa12012 私もうディープ・ラーニングをDeep Learningと別物だと思うことにしようかな 約5年前 replyretweetfavorite