放射能を気にしても、私たちは知らぬ間に日々福島のコメを食べている!

福島の農作物について考える時、「風評被害だ!」あるいは「それでも福島の食べ物を食べたくない人はいっぱいいる!」などと、どちらの立場にしても、私たちは一般消費者の意思決定の問題としてとらえがちです。しかし、それは「流通」という市場を無視した、あまりに問題を矮小化し過ぎた議論だと、社会学者の開沼博さんは指摘します。

福島のコメは、トップ集団から第二集団に転落

 前回は福島県のコメの生産高の震災前後の変化について、「2010年が4位、2011年が7位」になったのはなぜかという問いのもと、一つ目の背景に「放射性物質による汚染が強くてコメの作付をできない」という理由があることを説明し、それが少しずつ改善されつつあることにも触れました。放射性物質・セシウムが農作物に吸収されるのを、カリウムの散布などによって避けられてきていることなど説明しました。

 今回は、まず、その改善傾向がいかほどのものなのか、ということから説明していきます。
 前回は2010年と2011年の数字しか示しませんでしたが、その後の2年分も付け足して見てみましょう。

年次 | 作付面積 | 収穫量
2010 | 80,600 ha| 445,700 t
2011 | 64,400 ha| 353,600 t
2012 | 66,200 ha| 368,700 t
2013 | 68,200 ha| 382,600 t

 この数字の変化にあらわれているのは
1)2011年を底として一応右肩上がりの回復基調である
2)でも、まだ2010年度水準にはほど遠い

 そんな感じでしょうか。

 では、ここまで全国ランキングでの順位について「2010年が4位、2011年が7位」と言ってきました。じゃあ、2012年、2013年はどうだったのか、ということも確認しておきましょう。

 答えは「2010年が4位、2011年が7位、2012年も2013年も7位」です。つまり、震災後、ずっと福島のコメ生産は全国7位をキープ中です。

 じゃあ、7位ってどうなんだ、ということで、2013年の時点での福島県の全国での立ち位置を見てみましょう。2013年度の「収穫量」でみた全国ランキングはこうなります。

1位 新潟 664,300 t
2位 北海道 629,400 t
3位 秋田 529,100 t
4位 山形 415,300 t
5位 茨城 414,400 t
6位 宮城 398,500 t
7位 福島 382,600 t
8位 栃木 364,500 t

 本来であれば、福島県は収穫量が445,700 t、作付面積が80,600 haぐらい(2010年度ベースで)でした。これは、この表だと秋田と山形の間、やはり4位ぐらいに食い込んでそうなわけですね。

 この表をマラソンにたとえるならば、新潟・北海道・秋田がトップ集団、その後ろ、ちょっと差がついて、山形・茨城・宮城・栃木が第二集団としていることがわかります。福島は震災によってトップ集団についていったところから、第二集団に順位を落とし、いま、この第二集団の中でトップに向かってスピードを再加速させているというようなイメージでしょう。
 この「トップ集団から第二集団への降格」というのが、震災によって福島の農業の立ち位置の変化としてあらわれたものです。

「生産」と「消費」だけでなく、「流通」を考えよ

 ただ、ここで考えてもらいたいのは、それでもなお、茨城とか宮城とか大都市圏の消費を支える地域=第二集団の一角に福島がいるということです。もっとわかりやすく言えば、震災後も「福島のコメ、それなりの量が流通しているよ。みんな食べているよ」ということです。

 じゃあ、その流通しているものはどこでどう消費されているのか、という話になってきます。
 答えは、「3割が福島県内で消費、7割が県外で消費」という感じです。

 例えば、2014年3月に福島県農林水産部農産物流通課が発表した「県産米流通状況調査報告書」には、その推計が載っています。4ページ目(7枚目)の「地域別」の円グラフ、御覧ください。福島県産米の販売先が地域ごとにまとめられています。
 最も多いのが、「関東」で46.0%です。次が福島県内で33.2%、近畿が11.1%と続きます。

 この結果に「私たちは、知らぬ間に福島県産米を食べていたのか!」と驚く人もいるでしょう。「食べて応援」な方と、「食べたらヤバい」の方と、どちらも驚き、何か言いたくなる数字かもしれませんが、話を先に進めます。

 じゃあ、これはどういうところにどういう経路で流れている結果なのか、ということですが、これはそれなりに複雑です。ですが、上記資料の3ページ目(6枚目)の「販売先(業態別)」と最終ページの「県産米の主な流通経路図」をあわせて見るとわかりやすいでしょう。

 とりあえず気づくのは「福島県産米の52.6%を県外の卸売業者が買って行っている」「県外の中食産業、つまり弁当屋とかコンビニとかが8.2%とそれなりの割合」、あと「やっぱり、JAは流通経路として巨大だな」というのと。いくつかポイントがあると思います。

 いずれにせよ「生産」と「消費」の部分だけでなく「流通」の部分も含めて考えた時、福島の農業の問題は私たちが認識しているよりも複雑かもしれません。

 つまり、「福島の農作物の問題」を考える時、私たちは「風評被害だ!」とか「それでも福島の食べ物を食べたくない人はいっぱいいる!」とかいう一般消費者の意思決定の問題として考えがちです。ですが、それはあまりにも問題を矮小化し過ぎなんですね。

 実際は、一般家庭での消費のみならず、小売店・量販店や中食・外食事業者も流通の重要な意思決定者として市場を動かしています。消費量が圧倒的な首都圏など都市部での動きが福島のコメ、あるいはそれ以外の一次産業の動向にとって重要な役割を果たします。実際、福島のコメの半数ほどが首都圏で消費されているわけですから。

「生産」は回復しつつあるが、「価格」が上がらない現実

 こんな風に見てくると、勘の良い方はなんとなくモヤモヤとした疑問を持ち始めるかもしれません。そのモヤモヤをまとめると、例えば、こんな感じでしょうか。

・「福島の農業は大変なことになっているはず」って思っていたけど、順位的には4位から7位への後退にとどまる。生産についての数字を見ても2割減という感じ。っていうことは意外とうまくいってる?

・とは言え、2割減って大きいよなー。これが避難区域とか人が入れないところで農業できなくなったから、っていうのが大きな理由か。

・ただ、その2割も回復基調だし、現時点で残りの8割はうまくいっていることも考えると、やっぱり大丈夫なのかも。あれ、そう考えていくと、「風評被害!」とか「放射能を気にする人が買い控えしている!」とか聞いていたけど、それって果たして大きな問題か? だって、ここまでの話だと、関東圏とか弁当・飲み屋とかで普通に福島のコメ食べているってことでしょう? もしかして福島の産業の復興って勝手に進んでいたんじゃないの?

 さて、「福島の農業の問題って意外と大したことないんじゃ?」というこの認識は、「正しい」側面もあります。 
 ただ、一方で「風評被害」や「福島の農業の問題」は確実に、深刻に存在します。矛盾したような話で、わかりづらいかもしれません。

 話を整理しましょう。結局、「福島の農業の問題」ってなんなのか? 
 現在も少なからぬ人が持っている偏見を極端に言えば、「3・11で福島の農業はとんでもないことになった。福島産の作物なんか「もうだれも買わない」「もうだれも作らない」状況になっているに違いない」というものでしょう。
 ただ、実態は全く違います。ここまで見てきたとおり、それなりに作っているし、結構みんな買ってる。

 「福島の農業の問題」とは何か。一つの「わかりやすい回答」は、「生産は回復しつつある。ただし、価格が上がらない」というところでしょう。

市場メカニズムの中で良いポジションを見つけた「3・11後の福島のコメ」

 前半部分の「生産は回復しつつある」の部分はここまで述べてきました。後半の「価格が上がらない」の部分について、説明を付け加えておきます。

 震災があって最初の1年は、農業だけでなく、あらゆることで、これから福島がどうなるのか、社会の中でどう扱われていくのか、どこに向かっていくのか、だれにも全く見当がつかない状況が続いていました。先にも述べましたが、震災直後の、とりわけ農業関係者の絶望感たるや半端なくありました。

「もう福島では、生産者はみんな生産すること自体諦めてしまうんじゃないか」
「もし作物を作っても、一切売れないのではないか」

 いま色々な状況を把握した上で、あの当時の空気を考えると、「深刻に考えすぎだろ」と思ってしまいますが、実際にそのくらいの雰囲気があった。本当にパニックの状態になると、物事を極端に「白か黒か」「ゼロか100か」と考え、自ら勝手に絶望してしまう人も出てきます。

 ただ、1年すぎるころには、なるほど「意外と社会はそう動いていくのねー」と見当がつくようになってくることもあったことを思い出します。「もうだれも買わない」「もうだれも作らない」というような極端なことにはなっていないらしい、とだんだん気づいてくるわけです。

 例えば、2012/3/27の日経新聞「福島産米の取引、じわり回復 外食中心に契約率7割超す」の記事は3・11から1年後の状況を端的に記録しています。その内容を、言葉を補足しながらまとめると以下のようになるでしょう。

・福島のJAが扱う2011年産米の売買契約が7割達成された。
・特に原発から近い浜通りの契約が1月末までほぼゼロだったのが、2ヶ月で一気に巻き返して、7千トンのうち4千トンほど契約成立した。
・なんでかって言うと、理由は3つぐらいある。

理由1:放射性物資の緊急調査が年度末になってきてやっと終わった
当時はいま進んでいる全量全袋検査などの調査体制も未整備だったが、とりあえず、行政や農協などが主体となり、とれた作物から放射性物資の調査をはじめて、数値的には安全であることを情報発信していった。

理由2:1月末に出荷価格を値下げした
2012年1月末の時点では、風評被害は実際強く、全国的にコメのみならず福島産の作物を買い控える動きがあり、「これはやばい、売れない」ということでJAが値下げをした。例えば、福島県産コシヒカリ・1俵(60kg)あたり1万5200円だったのを1割引きして1万3700円に。 これは新潟県魚沼産コシヒカリ(2万3000円)や山形県のはえぬき(1万4500円)など 57の品種・地域の平均出荷価格である1万5100円を下回る価格。当然、県内外の「とにかく安い食材が欲しい」という卸売業者や量販店・飲食店からのニーズは上がっていくことになる。

理由3:コメ市場では震災による在庫減で価格が高騰し、2011年産の低価格米が不足している
震災によって宮城や岩手の農地が被害を受けたため、コメ不足がおこっていた。中でも、新潟県魚沼産コシヒカリみたいなブランド米ではない「低価格米」が不足。低価格米は外食企業などでニーズがあり、福島米の割安感が高まる中で引き合いが増えた。

 つまり、「作ったら作ったで買ってもらえる」状況になりました。それが2011年3月11日から1年後までに生まれた状況です。少なくとも、福島産の作物なんか「もうだれも買わない」「もうだれも作らない」というわけではないことがわかってきたわけですね。

 これは一言で言うと、「市場の調整の中でうまくやった」ということです。市場メカニズムのもと「3・11後の福島のコメ」はほど良いポジションをみつけて、そこに突っ込んでいったわけです。これが「もうだれも買わない」なんてことにならなかった理由です。

農業を続けるのは、ただの仕事ではなく生活の一部だから

 一方、「もうだれも作らない」ことにならなかった理由。こちらは、数字を使ってスパッと説明できるものではありません。例えば、農家の方はこういう言い方をされます。

「農地を一度放ったらかしにしてしまうと、もう一度再開しようとした時に大変だから、とりあえず育てる」
「どうせ作って放射能出て売り物としてダメだったら、その分東電に損害賠償払わせればいいんだから、普通に作ればいい」
「3・11の時に作ってた葉物(小松菜・ほうれん草)の線量を測ったら、線量が出たのもあったけど、場所によって全然出ないのもあったから、とりあえず作れば大丈夫なやつはできるだろう」

 ただ、そのような「合理的な理由」だけでは説明が足りない部分もあるかと思っています。その根底には、専業農家でも兼業農家でも「農業をやることが、ただの仕事ではなく、生活の一部となっている」という価値観があることを感じることも多いんです。
 彼らにとって、農業は当然「食べていくためにやっている」生業ではあるけれども、それと同時に「先祖代々受け継いできた義務」であったり、「健康管理のためのほどよい運動」であったり、「親戚や近所とのコミュニケーションの手段」であったり、「郷土愛を具体化したもの」であったりもします。

 これは都市化が進んだ地域に住む人には、理解し難い感覚かもしれません。福島県外の人の中には、「なんで放射能の問題を抱えてまで福島の農家は農業をやめないのか?」と軽々しく言う人もいます。
 ネットでそういう語り方をし続ける人もいます。それがヘイトスピーチ・差別発言化している場合もあります。以前も触れましたが、グーグルで「福島 農家」と検索すると、関連ワードを予測して自動的に表示する「サジェスト機能」によって、「福島 農家 テロ」とか「福島 農家 人殺し」とか言った言葉が出てきます。そういうキーワードで検索をしている人が多いんですね。

良識派ヅラした偽善者の傲慢に付き合うな

 大きなメディアでも、それに類するような発言を公然とする人間もいます。
 今年になって私が文化放送で大竹まことがやっているラジオに出た際に、コメンテーターの室井佑月が「福島の農地は汚れているんだから、福島の農家は農業やめて賠償請求して暮らせ」と言い出すので議論になったことがありました。「福島の人から抗議が年十件も来たんだけどおかしい」と、あたかも自分が正義であるかのように語り続けていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
俗流フクシマ論批判

開沼博

311福島第一原発事故から3年以上経ちますが、今フクシマはどうなっているのでしょうか? いまだ具体的な数字や実態に基づかない情緒的な議論が溢れる中、この連載の目的は、フクシマの問題について「論理とデータを通した議論のベースの再設定」す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

namatyokoyaki @rie_hata 他県のものを指定と言っても食糧不足になるリスクもあったのでは。https://t.co/JDlvyM5PRa 1年以上前 replyretweetfavorite

putyan 震災後も「福島のコメ、それなりの量が流通しているよ。みんな食べているよ」「私たちは、知らぬ間に福島県産米を食べていたのか!」県内外の「とにかく安い食材が欲しい」という卸売業者や量販店・飲食店からのニーズは上がっていくことになる。https://t.co/m7CVs8EuT3 1年以上前 replyretweetfavorite

namatyokoyaki 汚染が低い食品を入手することはできたー、は、実際には https://t.co/JDlvyM5PRa それなりに需要もある状況もありました。 ..「メモ 環境省 平成26年度「放射線の健康影響に係る研究調査事業」」 https://t.co/tQF9xLJ2Id 1年以上前 replyretweetfavorite

namatyokoyaki @SciCom_hayashi なんか売れてるっぽいです。https://t.co/JDlvyM5PRa 1年以上前 replyretweetfavorite