【第28回】
統計家たちの仁義なき争い (4)
—「IQ」を生み出した心理統計学

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人がその本当の面白さを知っているだろうか。この連載では、cakesという新しいプラットフォームに相応しい、最新かつ最も刺激的な統計学の世界を紹介したい。(毎週火・金更新)

 IQすなわち知能指数という言葉は小学生の読む漫画の中にも登場するが、ほとんどの人はこの指標の意味をわかっていないのではないだろうか。

 フィクションの世界における「高いIQを持つキャラクター」の描かれ方は、「頭の切れる天才」であったり、一方で「頭は切れるが性格的な欠陥を持つ人間」であったりする。おそらくこれは現実におけるIQのイメージを反映しているのだろう。アインシュタインのIQはすごく高いらしい、といった話が話題になることもあれば、人間の価値はIQじゃ測れないとか、IQの測定は差別の源であるとかいう言説を耳にすることもある。一昔前にはIQよりもEQ(心の知能指数)が重要だなんていう本が売れたりもした。

 だが、身長や体重、血圧のように物理的に測定できるものと違って、知能というものは見たり触れたりできるものではない。知能とはそもそも何で、いったいどうすれば測れるというのだろうか。そしてなぜ、現在用いられているIQテストのようなもので知能は測定できたというのだろうか。こうしたことを理解せずにIQの高さをありがたがるのも、反対にIQという指標自体を攻撃するのも滑稽なことである。

 IQとは何かを理解しようとすれば、心理学者がこの100年で積み重ねてきた統計手法について学べばいい。それが今日のテーマだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
統計学が最強の学問である

西内啓

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。 どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません