英語学習の王道は「読書」なのだ!

英語の上達に絶対に欠かせないこと、それは正しい発音の獲得と、と大量の語彙を身につけることです。そして単語の暗記に最も有用なのが、読書なのです。いったいどの程度の語彙力を目指せばいいのか? どうやって勉強すればいいのか? 詳しく解説しましょう。



先週の記事の最後に「来週は can の活用方法について書きます」と告知したのですが、今週も結局また違う話を書くことにしました。今週は、英語学習における暗記の重要性についてです。

 英語学習というと、文法が大事だとか、いやとにかく発音だ!とかいろいろ言われますが、極論すれば重要なのは、1)発音と2)単語の暗記の2つだけと言い切ってもいいのではないかと思うのです。発音については以前ずいぶんいろいろと書いたことがあるので、今回はこの暗記について書いてみましょう。

単語を知らなければ始まらない
 海外へ行ったら何を言ってもさっぱり通じなかったとか、街で外人に道を聞かれたが、言っていることがまるでわからなかった、といった経験がある方も多いでしょう。どうしてこうしたことが起こるのか? その原因はやっぱり1)発音の問題と2)単語不足の2つに集約されます。

 英語の発音というのは、日本語とまるで違いますから、相手の言っていることを聴けるようになりたいと思ったら、まずやっぱり自分自身が正しく発音できることが大切なのです。しかし、仮に相手の言っていることが「音」として聴き取れたとしても、喋っている単語や言い回しそのものを知らなかったら、結局のところ相手が何を言っているのか見当をつけることさえできません。

 その昔、まだ僕が全く英語が喋れなかった16歳の頃、知人や親などから進められてFENを毎日聴いていたことがあります。面白いもので、当初はまるで分からないものでも毎日聴いていると、だんだん耳が慣れていくものです。最初は「ペラペラペラペ〜ラ」と言った感じにしか聞こえなかった放送が、3ヶ月もする頃にはところどころ聴き取れるようになっていったのです。ところが当時の僕の語彙はあまりにも乏しかったため、理解できることが極端に限定されていました。例えば、こんなお天気に関するニュースがあったとしましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mtei link: https://t.co/WwivLTrX69 ⦅ですから本格的に語彙を増やしたいなら、本を読むのが最短距離なのです。語彙だけではなく、慣用句やイディオムなどもどんどん身についていきます。自分でできる語学学習の王様は、読書と...⦆ 3年以上前 replyretweetfavorite

jjishii 読書は目に悪く、使えん英語道と思う 運動選手のアイドマイベリーベスト…的なフレーズ丸暗記が一番  5年弱前 replyretweetfavorite

hal_31 ハィ、ちゃんと本を読みます…雑誌で甘んじてはダメですね。カジュアルですもの。 5年弱前 replyretweetfavorite

porpor35 飽きを避けるためのヒントも。「最初のうちはストーリーがわかっている本を読んでみるのがいい」→ 5年弱前 replyretweetfavorite