嫌われる勇気

祝58万部突破!なぜアドラーの思想が絶大な支持を集めたのか?【岸見一郎×古賀史健対談 前編】

累計58万部を突破し、2014年最大の話題作となった『嫌われる勇気』。20世紀初頭に活躍した精神科医アルフレッド・アドラーの思想を「哲人」と「青年」による対話篇形式でまとめたこの一冊は、アドラーブームの牽引役的な存在として大きな注目を集めました。いったいなぜ2014年の日本で、これほどまでにアドラーの思想が受け入れられたのでしょうか? 今回、共著者である岸見一郎さんと古賀史健さんにたっぷり話を伺いました。

「目からウロコ」だけではない思想

— 『嫌われる勇気』の刊行から1年が経ちました。これまで、累計58万部に達するベストセラーとなっていますが、アドラーの思想がこれだけ受け入れられた要因はどこにあると考えられますか?

岸見 われわれにとっても予想外のヒットであり、トレンド分析のようなお話はできません。ただ、読者の方々から寄せられる感想は、大きくふたつのパターンに分かれています。

— どのようなものでしょう?

岸見 ひとつは「こんな考え方があったなんて、まったく知らなかった」「常識を覆された」というもの。とにかく驚いた、衝撃だった、目からウロコが落ちた、といった反応です。

古賀 フロイト的な発想からすると、対極にあるような考え方ですからね。

岸見 もうひとつ、おもしろいのが「自分でも薄々感じていたことを、見事に言語化してくれた」「なんとなく思っていたことを、体系立てて説明してもらえた」といった反応です。知らないことばかりが書いてあったというわけではなく、「よくぞ言ってくれた」とか「ものすごく腑に落ちた」に近い感想ですね。

古賀 驚きと共感の両方があったということでしょうか。

岸見 ええ。「常識を覆される」だけでは、これだけ幅広い読者の方々に受け入れてもらえることはなかったと思います。心の奥底で思っていたことを言い当てられる快感、といえるかもしれません。

古賀 その反応はおもしろいですね。

岸見 アドラーの思想は、時代を100年先駆けたといわれています。20世紀初頭に活躍したアドラーが、21世紀の日本で受け入れられるようになった。これは非常に興味深いことです。

古賀 「すべての悩みは対人関係の悩みである」というアドラーの洞察は、SNSなどの隆盛で対人関係が雪だるま式に膨らんでいる現在にこそ、新鮮に響くのかもしれません。しかも、まったく未知の思想として響くのではなく、心のどこかで感じていたことをズバッと指摘してくれたというか。

岸見 その意味では、時代が少しずつアドラーの思想に追いつきはじめたのかもしれませんね。

— 古賀さんのほうに寄せられる、意外な声などはありますか?

古賀 この本を刊行するとき、いちばん不安だったのは「哲人と青年の対話篇」という特殊な形式で書いたことでした。賛否両論あることはわかっていたし、否定的な意見のほうが多くなることを覚悟していたくらい、不安は大きかった。でも、思いのほか好意的な反応が多かったのはうれしい驚きでした。

岸見 プラトンの時代から、哲学はしばしば対話篇の形式を採用してきました。そしてわたしは、アドラーのことを心理学の範疇を超えた哲学者だと思っています。この対話篇形式が受け入れられたことも、むしろ自然のことだと思えます。

古賀 そうですね。アドラーの思想について、読者の方々が疑問に思うだろうことを、ぜんぶ「青年」が執拗に食い下がって質問攻めにする。一人称形式で書かれた本では、なかなかこういう流れにはできません。

岸見 これでもか、というくらい激しく食い下がりますから。

古賀 おかげで、取材などで記者の方から「てっきり作中の『青年』みたいな激しい方だと想像していました」といわれることが多いです(笑)。

岸見 普段の古賀さんは優しい方なのにね(笑)。

アドラー的な「横の関係」は実現可能か?

— ちなみに、反発の声みたいなものは届きますか?

岸見 もちろんあります。特にアドラー心理学の「ほめてはいけない。叱ってもいけない」という話には反発が多いですね。

古賀 ほめるのでもなく、叱るのでもない、「勇気づけ」のアプローチですね。具体的に、どういう反発があるのでしょう?

岸見 中高年層の男性に多いのですが、「これまで自分は叱られて育ってきた。ときには叱ることも必要だ」といった声ですね。

古賀 叱るのは「愛のムチ」だと。

岸見 ええ。残念なのは、教育関係者の中にも叱ることの重要性を主張する方が多いことです。

古賀 アドラーは、「縦の関係」ではない、対等な「横の関係」を結ぶように説いていますよね。でも、実際の教育現場では叱りつけることも必要だ、という声がある。アドラーの思想はしょせん理想論で、育児や教育の現場ではなかなかそうもいかないんだ、というわけですね。

岸見 そう主張する教育関係者は、少なからずいます。とはいえ、叱ることの重要性を説く方々は、むしろほんとうの修羅場を経験したことがないのかもしれません。

古賀 どういうことでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嫌われる勇気

岸見一郎 /古賀史健

「世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる」――古都のはずれに、そんな持論を語る哲学者が住んでいました。人間関係に苦悩し、人生の意味に悩む「青年」は、到底納得することができず、その真意を確かめるべく哲学者(哲人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kigocochi 「自分でも薄々感じていたことを見事に言語化してくれた」に賛同。 4年以上前 replyretweetfavorite

kentaroraro  誰かのプラトンになりたい感じ、うーん、いい。朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり 5年弱前 replyretweetfavorite

takurokoma この本は2人のあとがきにうるっときた。よかった。 5年弱前 replyretweetfavorite

hqba 【 良書です。まだ読めてないけど。 5年弱前 replyretweetfavorite