電車内ではキス禁止!? 東南アジアを巡ってわかったパリの魅力

パリを離れ、東南アジアを放浪中の中村綾花さん。東南アジアで過ごすうちに、フランスと東南アジアの共通点や違いを発見したそう。気候や食べ物といった面から、公共乗りもののマークまで比較して、中村さんがわかったこと、感じたこととは?

みなさん、こんにちは。現在、タイはバンコクで原稿を書いています。パリを離れてちょうど2ヶ月。ずっと東南アジアを放浪し、執筆の仕事をしてきました。

インドネシアから始まり、フィリピン、ラオス、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、首都だけでなく各国の地方都市へも訪問してきました。この間飛行機に乗った回数はなんと20回。

タクシーや人力車にも乗りました。ジャカルタで乗ったタクシーにはゴキブリがいたり、エアコンに使いかけの爪楊枝が刺さっていたり……。

3日に一度は飛行機に乗っていた計算ですが、それだけ乗っているといろいろなことがありました。なんと2回も、飛行機を逃してしまったのです !

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawauso0124 確かに消費はダサいって感覚ある。新興国の消費意欲凄いけど日本もいつか通った道。 4年以上前 replyretweetfavorite

k_jubilee すっぽんぽんパリ|中村綾花 @ayakahan |cakes(ケイクス)|https://t.co/v7CtQZJNfm 5年弱前 replyretweetfavorite

satoshique 異なる環境に身を置くことで、何が心地よいかに気づける。それで自分の輪郭がハッキリしてくる。パリもアジアもそれぞれ良さはあると思うけど。 東南アジアを巡ってわかったパリの魅力|すっぽんぽんパリ|中村綾花 @ayakahan https://t.co/1Wa6n7BQ6R 5年弱前 replyretweetfavorite

kenkengoto  確かに普段と違う場所に行って自分とフィットすることはあるかも。というかある。 5年弱前 replyretweetfavorite